プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: 雑談





1.ラルフ・ハーゼンヒュットル サウサンプトン




Embed from Getty Images

インゴルシュタットでの手腕が評価されてライプツィヒに引き抜かれたラルフ・ハーゼンヒュットル。

サウサンプトンに就任した直後こそチームの雰囲気を変えて見せ、ダニー・イングスらを中心として強力な攻撃を築き上げようとしていた。

しかし、守備の脆さが圧倒的に露呈してしまい現在では降格圏にまで沈んでしまっている。

13試合で9ポイントしか獲得できておらず、それに加えレスターシティ相手に0-9で惨敗したこともハーゼンヒュットルの解任にブーストをかけてしまっている。

先日のアーセナル戦で敵地で勝ち点1を拾ったことは評価に値されるだろう。

しかし、これ以上ポイントを落とし続けることがあればいつでもクビが飛んでもおかしくはない。


2.マヌエル・ペジェグリーニ ウェストハムユナイテッド




Embed from Getty Images

かつてマンチェスターシティを率い、プレミアリーグのタイトルを勝ち取ったマヌエル・ペジェグリーニ。

新戦力のセバスティアン・ハラーが活躍し、10月にはマンチェスターユナイテッドを2-0で破り、今シーズンこそは上位でフィニッシュするかと思われていたが気づけば降格圏に近い順位まで落ちてしまった。

日に日に怪我人は増えていき、ペジェグリーニの戦術も機能しているのかどうかわからない状態になってしまった。

スカッドは揃っており、怪我人が帰ってくればまた高いクオリティを取り戻すことができるかもしれないがクラブが監督交代の決断をする可能性は十分にあるだろう。

3.マルコ・シウバ エバートン




Embed from Getty Images

こちらも降格圏が見えてしまっているエバートン率いるマルコ・シウバ。

£100m以上の金を使い、2シーズン連続で新戦力を迎えているがイマイチ使いこなせておらず。

アンドレ・ゴメスの件があり、中盤には更なる不安が増えてしまったが今の順位にいる理由にはならないだろう。

今シーズンここまでエバートンよりも敗北が多いのはノリッジシティとワトフォードのみであり、勝ち点を得ることができない試合が多いことは大きな課題だ。

ハルシティを率いていた頃は若くして力のある監督がやってきたと言われていたが再びその評価を取り戻すことができるのか、それともクラブが首を切る決断をするのか、どちらが先になるのだろうか。


4.オレ・グンナースールシャール マンチェスターユナイテッド




Embed from Getty Images

昇格クラブのシェフィールドと3-3のドローに終わり、とてもビッグクラブを率いる監督とは思えないコメントを出したスールシャール。

所謂解任ブーストでチームの雰囲気は少し良くはなったが結局現在も4位以内に入ることができていない。

補強戦略の失敗もあるがあまりにも彼は無策すぎる。

さらに選手の心もどこまでついてくるかわからないタイミングでスパーズのマウリシオ・ポチェッティーノが解任されているのだ。

マンチェスターユナイテッドとしては若手を育てることに長けたポチェッティーノの招聘に踏み切る可能性は高く、スールシャールはシーズン途中でチームを離れるかもしれない。




5.ウナイ・エメリ アーセナル




Embed from Getty Images

ついに8位まで順位を落としてしまったアーセナル。

アウェイでの弱さを改善する必要があったが最近ではホームでもパッとしない試合展開に。

エメリ自身も策がないように見え、選手たちの心は既に彼から離れてしまっているのではないだろうか。

チャンピオンズリーグ出場圏内であり4位チェルシーとの差は8ポイント差であり、今のままでは追いつくのは非常に難しいミッションとなるだろう。

今夏は数々の移籍を成功させ、タイトル獲得まで狙えると思われていたアーセナルだがエメリの時期も限界に来たのだろうか。

戦術家であるエメリにクラブはまだ余裕を与えるのか、それとも現状に危惧し解任に踏み切るのか。

その答えは今後数週間で出るだろう。








南米は良い選手を輩出し続けている「サッカー大陸」そのものだ。

ヨーロッパで活躍しているブラジル人やアルゼンチン人など南米人はほとんど南米のリーグ出身であり、そこからスターへと羽ばたいている。

先日南米で行われたリベルタ・トーレス杯にてフラメンゴが劇的優勝を果たしたが、大会を通じて若くして活躍している選手は非常に多かった。

そこで今回はプレミアに合うだろう7人のブラジルリーグ所属選手たちを紹介しよう。

1.レナン・ロディ Age21 アトレチコ・パラナエンセ




Embed from Getty Images

21歳のレナン・ロディは「まるで飛行機のよう」と独特な表現をされることもあるレフトバックだ。

これまでブラジル代表でサイドバックを務めていたレジェンドたちと同じように非常に攻撃的でそれを武器にクラブでの定位置を確保して見せたのだ。

ドリブルテクニックやクロスが抜群であり、攻撃時のポジショニングも非常に良い。

プレミアリーグのみならず世界的にサイドバックに求められる攻撃性は非常に高く、ロディも経験の少なさを除けば十分に適応できるだけの能力は持っているはずだ。



2.マテウス・エンリケ Age21 グレミオ



Embed from Getty Images

マテウス・エンリケはバルセロナのアルトゥールと比較されることもあるグレミオ所属の守備的ミッドフィルダーだ。

しかし、エンリケはそのアルトゥールよりもさらに完成されたミッドフィルダーだと言われている。

テンポを作り出し、良質なパスを供給できる面は彼と非常に似ているがエンリケの場合はそこへ攻撃性が加わっている。

低い位置でゲームメイクに関わりながら前線へ飛び出すタイミングを見逃さずにボックス内へ果敢に侵入してくるのだ。

プレミアの激しいサッカーの中で彼の中盤深くでボールを供給する力は重宝されるはずだ。

そのダイナミズムも鍛えられれば一気に世界的なスターへと駆け上がるだろう。


3.アンソニー Age19 サンパウロ




Embed from Getty Images

あのアレシャンドレ・パトも所属するサンパウロで19歳ながら今シーズン26試合に出場しているアンソニー。

カゼミーロやオスカルらを輩出しているサンパウロの次のスターになると言われており、その特徴からアヤックスのダビド・ネレスとよく比較されている。

左利きのウィンガーであり、相手を破壊するドリブルに並外れたスピード、魔法と称される彼の左足からは常に予測不可能なアクションが起こるのだ。

そのポテンシャルや活躍を評価しているクラブは簡単に彼のことを放出はしないだろう。

€50mとも言われる移籍金が支払われない限りは。


4.エリック・ラミレス Age18 バイーア




Embed from Getty Images

バイーアに所属するエリック・ラミレスはその名前の通りチェルシーに所属していたラミレスとプレースタイルが非常に似ている。

1対1の局面で落ち着くことができ、基本的な技術に関しても文句がない。

何より走力が魅力的であり、ファイナルサードではとても18歳とは思えないプレーを見せてくれる。

既にパスを通すための目を持っており、それがこれから化けてくるとほぼ完璧に近いミッドフィルダーとして名を轟かせるだろう。








5.ルート・ファンニステルローイ




Embed from Getty Images

史上最も優れたオランダ人プレーヤーの1人であるルート・ファンニステルローイ。

マンチェスターユナイテッドで長く活躍し、ゴールの臭いを嗅ぎつける嗅覚とボックス内での動きはまさに一級品であった。

また、イングランドに来る前に大怪我を経験したにもかかわらず諦めることなくその後のキャリアを華やかなものにして見せた。

メンタルの強さもその得点力に劣らない素晴らしいものだった。

結局プレミアリーグで150試合に出場し95点を決めて見せた。

そしてユナイテッドではプレミアリーグ、FAカップ、リーグカップ、コミュニティシールドのトロフィーを獲得したのだ。


4.セルヒオ・アグエロ




Embed from Getty Images


プレミアリーグで250試合に出場し173ゴールを記録している未だ現役のプレミアの虎。

アトレティコマドリーからやって来て以来ゴールを量産し続け、マンチェスターシティがトロフィーを獲得することができた大きな理由の一つでもある。

とにかく信頼できるストライカーであり、ここぞという大一番にも強い。

身長の関係からヘディングのゴールこそ少ないが、ボックス内を問わずその正確なシュートで常にネットを揺らしてきたのだ。

元々怪我の多いタイプであり、離脱する期間もあるが得点力が落ちたことは一切ない。

ベテランの域に入り、衰えが心配されているが今シーズンもここまで9得点を記録するなど相変わらず好調のようだ。



3.ウェイン・ルーニー




Embed from Getty Images

イングランド史上最も素晴らしい選手の1人であるウェイン・ルーニー。

16歳でプレミアリーグデビューを果たし、そこから主にマンチェスターユナイテッドで長く活躍したオールラウンダーなストライカーだ。

そのプレミアリーグでは393試合に出場し183ゴールを記録している。

ストライカーとして衝撃的なほどのスピードを誇り、キック力も強烈であり前線からの守備も怠らないなどまったく弱点のない選手であった。

多くのポジションをこなすことができ、晩年ではボランチ起用にも見事に応えていた。

イブラヒモビッチやリオネル・メッシ、スティーヴン・ジェラードら歴代の名手たちからも偉大な選手であったと褒めたたえられるほどであり、間違いなくイングランドの歴史に残る選手だ。


2.アラン・シアラー




Embed from Getty Images

アラン・シアラーはプレミアリーグで441試合に出場し260ゴールを記録したサッカー史上で見ても最も優れた選手の1人だ。

キャリアを通じて3回連続となるゴールデンブーツ賞を受賞しており、ストライカーとして理想のプレーをしていた。

空中戦に異常に強く、ボックス内ではフィジカルの強さを活かしとにかく得点を量産し続けたのだ。

現代ではストライカーに求められる資質が徐々に変わっているが当時の基準で言えば完璧なセンターフォワードの形であった。


1.ティエリ・アンリ




Embed from Getty Images

プレミアリーグ史上5位となる得点数を記録するまさにリーグのレジェンド。

得点王も4度獲得しておりすべての動きが一級品の天才ストライカーだ。

足元のテクニックやスピード、ゴール前の落ち着きにボックス外からのシュートなどディフェンダーからすれば悪夢のような選手であり、アーセン・ヴェンゲルのチームを大きく助けていた。

仮にアーセナルでのプレーを続けていればプレミアリーグ史上最多得点を記録していたかもしれないと言われるほどのアンリは2度のプレミアリーグ、FAカップ、そしてコミュニティシールドを獲得している。

セルヒオ・アグエロがこれから活躍を継続する可能性は高いが現在までのプレミアリーグで最も優れたストライカーは間違いなくティエリ・アンリだ。







1.ジェイミー・ヴァーディ




Embed from Getty Images

今シーズンのジェイミー・ヴァーディは再びかつての輝きを取り戻している。

戦術的にも非常に重要な選手であり、レスターシティが2位に位置しているのもヴァーディの活躍があってこそだ。

ベテランの域に達したものの比較的若いチームの中で連携面でサポートをしたり結果を出すことで信頼を得ることに成功している。

現在の得点ランキングではセルヒオ・アグエロやピエール・エメリク・オーバメヤンらを抑え見事1位となっている。

チームの状況にも左右されるとは思うがこのままいけばゴールデンブーツ賞の獲得も決して夢ではない。

奇跡の優勝を果たしてから多くのクラブから獲得の打診があり、エンゴロ・カンテやリヤド・マフレズら主力が移籍する中ここまで残り続けているヴァーディ。

キャリアの終盤を見事な形で締めくくることはできるのか。

2.タミー・アブラハム




Embed from Getty Images

チェルシーはジエゴ・コスタが去って以降ストライカーの不在に悩まされていた。

オリヴィエ・ジルーやミシー・バチュアイらが加入したものの思ったような結果を出すことはできず、エースであるエデン・アザールに依存する日々が続いていた。

そのアザールもついにレアルマドリーへと旅立ち、本格的に得点不足になるかと思われたがすべてはこの男が解決した。

昨シーズンはアストンヴィラへローン移籍しており、そこで25点を決める活躍を見せたタミー・アブラハム。

フランク・ランパードはアブラハムを信頼し、開幕から起用したが現在はその期待に見事に応えている。

12試合で10得点を決めており、さらにはフィニッシュパターンも多彩なためチェルシーの9番を務めるのに最適な選手となったのだ。

その他チェルシーでは若手が多く躍動しているがアブラハムは間違いなく彼らをこれから牽引していける存在だ。

残りのシーズンでどれほどの結果を残すのか楽しみにしている人も多いだろう。

3.ジョン・マッギン




Embed from Getty Images

今シーズン、アストンヴィラは昇格クラブながら大きなインパクトを残すだろうとずっと言われていた。

現在の順位は17位と低迷しているが、その中身は決して悪いものではなくいつ上位陣を喰ってもおかしくはないほどのサッカーを展開している。

その中でも躍動しているのがスコットランド代表のミッドフィルダー、ジョン・マッギンだ。

マンチェスターユナイテッドも今夏の獲得を狙っていたとされており、今シーズンは既に2ゴール2アシストを記録している。

ボールを持った際は前線へのパスコースを探すほか、自らも積極的にゴールを狙ってくる。

さらに優れたオフザボールの動きでチームに対し非常に効果的に立ち回ることができる。

間違いなく今シーズンのプレミアリーグの中でもベストなミッドフィルダーの1人であり、ヴィラが今後残留を目指すためには欠かせない選手だ。

特に上位陣との戦いの際は彼の動きに注目して見てほしい。


4.ジョン・ランドストラム




Embed from Getty Images

現在5位に位置しており、世界を驚かせているシェフィールドユナイテッド。

斬新な戦術と優れた選手たち、そして練度の高い連携を駆使した守備は何者にも壊すことはできない。

正直、シェフィールドユナイテッドの選手は全員紹介したいほど今シーズンは素晴らしいがその中でも良い意味で期待を裏切ったのはジョン・ランドストラムだろう。

昨シーズンチャンピオンシップで10試合にしか出場していない彼はシェフィールド最強のハードワーカーと化しており、今ではチームに欠かせない選手となっているのだ。

ここまで3ゴールを決めており、攻撃の際はその素晴らしい走りで相手ボックス内へと侵入し脅威となる。

守備の際はシンプルかつ強烈で優れたタックルを見舞い、脅威を排除してくれる。

チームにとって必要不可欠なタイプの選手であり、これからシェフィールドが順位を維持できるか否かは彼のコンディションに左右されても決しておかしくはない。

これからはプレミアリーグの地で躍動するジョン・ランドストラムに焦点を当てて試合を見ても面白いかもしれない。

5.ジョルジーニョ




Embed from Getty Images

フランク・ランパードは本当に移籍禁止処分の中良くやっている。

若手をふんだんに使い、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できるだけの順位を維持しているのだ。

その中でもジョルジーニの覚醒は彼にとって非常に大きな意味を持つだろう。

サッリシステムでは絶対不可欠な選手でありながらフィジカルが足りず、フランク・ランパードのサッカーでは通用しないと言われいたのが懐かしく感じるだろう。

守備面での改善を図りながら持ち前の攻撃性をさらに高めているのだ。

今やプレミアリーグでも屈指のチャンスメーカーであり、司令塔であり、そして精密機械のようなパスを通すことができる選手だ。

タミー・アブラハムのゴールをアシストした試合は今シーズンの彼のすべてが詰まっているようだった。

これから全盛期を迎える年齢のためジョルジーニの覚醒はこんなところでは終わらないだろう。

美しく、そしてまるで刺すようなパスを供給する彼のプレーにはこれからも注目だ。





3.カリドゥ・クリバリ&コスタス・マノラス ナポリ




Embed from Getty Images

今シーズンのカリドゥ・クリバリはまさにピークとも言えるパフォーマンスだ。

完全にナポリの壁と化し、そのスピード、強さ、ボールの扱い、空中戦すべてにおいて世界最高レベルとなっている。

それに対し、ローマから加入したギリシャ人ディフェンダー、コスタス・マノラスもクリバリに劣らぬ活躍を見せている。

元々弱点のないディフェンダーとされていたが今シーズンもとてつもない守備を見せている。

特に空中戦での強さとゲームを読む力に長けているためインターセプトでのボール回収が非常に多くなっている。

この2人のコンビは素晴らしいパートナーシップを見せている。

両方ともピッチ上ではリーダーとなっているため文字通り最後尾からチームを固く団結させることに成功している。

今シーズンのナポリはやや失速気味だがこの2人を基盤にして後半戦で巻き返しを狙いたいはずだ。


2.ステファン・サビッチ&ホセ・ヒメネス アトレティコマドリー




Embed from Getty Images

今シーズン、守備のみならずチームの精神的柱であったディエゴ・ゴディンが去ってしまいチームには不安な空気があったに違いない。

それを打ち消したのがこのコンビだ。

ステファン・サビッチはまるでゴディンの空気を纏っているようであり、センスに溢れる選手だ。

守備における強さを持ちながらゲームを読む力もあり、ロングボールを使った後方支援が可能だ。

クレバーさが光る場面が多く、インターセプトやクリアの数が多くなっている。

しかし、彼にはスピードの欠如という弱点がある。

それを補うのが相方であるホセ・ヒメネスである。

ヒメネスはゴディンの弟子のような存在であり、彼のリーダーシップや闘志を間近で見てきた選手だ。

そのためピッチ上では闘志をむき出しにし、恵まれたスピードを武器にサビッチと非常に良いコンビを組んでいるのだ。

ラリーガにおいては相変わらずアトレティコマドリーは最堅守のチームであり、アトレティコマドリーの守備をリフォームしたのがこの2人のコンビだ。

間違いなく世界でもベストな組み合わせだろう。


1.フィルジル・ファンダイク&ジョエル・マティプ リバプール




Embed from Getty Images

非常におそろしいコンビだ。

フィルジル・ファンダイクは言うまでもなく世界最高クラスのパフォーマンスを披露しており、前述したクリバリやマノラスらを数字上では大きく上回っている。

リバプールの怪物とも称され、スピード、対人、インターセプト、空中戦、ゲームの読み、ボールコントロールすべてにおいて高水準のものを備えている。

ジョエル・マティプはそんなファンダイクにとって最高の相方だろう。

空中戦の強さはもちろんファンダイクよりも鋭い守備を見せる場面も少なくない。

そして何よりも彼の縦パスとボールの持ち運びはチームにとって非常にプラスとなっている。

攻撃のスイッチを入れることができ、セットプレーで得点も期待できるセンターバックは貴重な存在だろう。

後ろでずっしりとファンダイクが構え、マティプは隙を見てボールを持ち出す。

この関係が見事に出来上がっているからこそ彼らの守備は安定しており、攻撃でも一撃必殺を決めることができる。

残念ながらマティプは怪我で離脱しているが、確実に今シーズンでベストなコンビだと言えるだろう。




↑このページのトップヘ