プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: 雑談

プレミアからまた1人、監督が去ってしまうかもしれない。

先日アーセナルのウナイ・エメリが解任されてしまい、チームは悪循環を断とうとしている。

監督交代は難しい決断であり、チームの状況を大きく左右する可能性がある重大な責任を問われてしまう。

その中でウェストハムユナイテッドを率いているマヌエル・ペジェグリーニも解任候補となってしまっている。

現在13位と沈んでおり、ヨーロッパの大会への出場権を目指してたチームは厳しい状況に置かれている。

戦力もそれほど悪くないが、怪我人の多発などどうしようもない出来事も彼らの躍進を止めている。

そこで今回はペジェグリーニに代わる3人の監督候補を紹介しよう。



1.ラファエル・ベニテス




Could West Ham provide Rafa Benitez with a Premier League return?


ラファエル・ベニテスは多くのクラブを率いてきた紛れもない名将だ。

イスタンブールの奇跡で知られるリバプールでチャンピオンズリーグを優勝した印象が強いだろう。

ベニテスはとにかく守備に厳しい監督であり、現実的な戦術を用いて戦うことができる。

ニューキャッスルユナイテッドを率いていたころは限られた戦力の中で非常に上手くチームを操っていた。

感情を表に出すタイプではないため、チームに初めから大きな勢いをもたらすことはできないかもしれないが彼のやりたいサッカーが浸透した時、ウェストハムは本来いるべき順位に位置しているだろう。




2.エディ・ハウ



Would West Ham be a step up for Bournemouth's Eddie Howe?

エディ・ハウもまた、限られた戦力の中で結果を出すことができる監督だ。

若くして監督キャリアを始め、選手時代を過ごしたボーンマスで指揮を執り続けている。

彼の特徴はシンプルかつ明確な目標を持った攻撃であり、最近では組織的な守備も完成させようとしている。

前線にカラム・ウィルソンやジョシュア・キングなど強力な選手がいるからこそ採用できる戦術だが、ウェストハムの前線も実力者揃いのため苦労はしないだろう。

問題はボーンマスを愛し続けてきたハウが国内のライバルチームへ行くか否かだろう。

しかし、より資金力を持ったチームでどれほどやれるのかを試したい気持ちはすべての監督が持っていることだ。

可能性は非常に低いが決してゼロではない。


3.クリス・ワイルダー



Chris Wilder's reputation has soared thanks to his work at Sheffield United

昇格組であるシェフィールドユナイテッドをプレミアの台風の目にしようとしているクリス・ワイルダー。

センターバックがフルバックをオーバーラップで超えてクロスを上げる斬新な戦術を用いた彼のチームは非常に守備が固く、レスターシティ、リバプールに次ぐ失点の少なさを誇っている。

守備に大きな問題を持つウェストハムとしては解決のための強力な一歩となるだろう。

また、ワイルダーは革新的なことができることを自ら証明しているため単純に戦力や資金が多いウェストハムでどのような革新を生み出すのか非常に楽しみではある。

しかし、シェフィールドを昇格させプレミアリーグで素晴らしい戦いを見せている最中にチームを離れるだろうか?

この52歳の名将の心を動かすには相当の覚悟が必要だろう。

ビッグ6、今やこの言葉は死語となっているだろう。

勢力図が徐々に変わり、スパーズやマンチェスターユナイテッド、アーセナルは今シーズン思うような結果を出すことができていない。

代わりに出てきたのが2015年にタイトルを獲得しているレスターシティ、昇格したばかりで7位フィニッシュしたウルブズ、そして今シーズン昇格組ながらも躍進を見せているシェフィールドユナイテッドだ。

そこで今回はかつてのビッグ6以外のチームで組んだベストイレブンを紹介しよう。



ゴールキーパー ディーン・ヘンダーソン-シェフィールドユナイテッド




マンチェスターユナイテッドからレンタルで加入し、完璧な守護神としての活躍を見せているディーン・ヘンダーソン。

かつてはゴールキーパー不足と言われていたイングランドも徐々にレベルを上げてきているのではないだろうか。

ヘンダーソンはその見事な反応と1対1の強さでシェフィールドの堅守を最高峰で支えており、今シーズンのチームの命運を握る重要な人物だ。

所謂ビッグ6のチームで守護神を務めていても決しておかしくはない。



右サイドバック リカルド・ペレイラ-レスターシティ




レスターシティの不動の右サイドバックに君臨するリカルド・ペレイラ。

優れた攻撃力を活かし、レスターシティの攻撃に厚みを増している。

それだけではなく非常にソリッドな守備も手泣きすることができる。



センターバック チャグラル・ソユンク-レスターシティ




レスターシティで鉄壁の守りを見せ、見事にハリー・マグワイアの穴を埋めたのがこのチャグラル・ソユンクだ。

今シーズンの活躍は素晴らしく、守備はもちろん攻撃面でも落ち着いた捌きと縦パスでビルドアップを大きく助けている。

相方であるジョニー・エヴァンスもソユンクのカバー力があるからこそ輝いていると言っても過言ではない。


センターバック ナタン・アケ-ボーンマス




チェルシーを出た後のアケは非常に上手くやっている。

今やボーンマスで最も一貫性のあるパフォーマンスを持っている選手であり、エディ・ハウも抜群の信頼を置いているだろう。

ボールの扱いは当たり前のように上手く、最終ラインからの展開もスムーズに行うことができる。

彼の活躍を見てマンチェスターユナイテッドやレスターシティが獲得を狙っているという話もあるくらいである。


左サイドバック ベン・チルウェル-レスターシティ




ベン・チルウェルは数年前よりビッグクラブから注目を浴びていた逸材だ。

今シーズンはついに覚醒したと言うべきか、ブレンダン・ロジャースが求めるサイドバック像を完璧に体現している。

非常にモダンなサイドバックであり、その正確なクロスは今やレスターシティにとって大きな武器となっている。

年齢もまだ若く、世界有数の選手になるのも時間の問題かもしれない。


守備的ミッドフィルダー ウィルフレッド・エンディディ-レスターシティ



Leicester City v West Ham United - Premier League

今シーズン、欧州で最もタックルを成功させている選手だ。

ウィルフレッド・エンディディは現在最少失点を誇るレスターシティの心臓部となっており、カウンターの阻止や逆にボールを奪ってからカウンターの起点になるなどチームにとって欠かすことのできない選手となっている。

第2のエンゴロ・カンテのようにチームをタイトル獲得に導くことにできる特別な選手とも言えるだろう。


セントラルミッドフィルダー ジョン・マッギン-アストンヴィラ




Aston Villa v Burnley FC - Premier League


ジョン・マッギンは粘り強さとハードワークが売りのミッドフィルダーだ。

だが、それだけではなく驚異的な左足でのシュートも持っており既に今シーズンは3ゴールを記録している。

現在最も完成されたミッドフィルダーの1人とされているマッギンにはあのアレックス・ファーガソンも絶賛している。

昇格組であるアストンヴィラで息を吐いているがこのままいくと間違いなく来夏には多くのクラブから打診されるだろう。



セントラルミッドフィルダー ジョン・ランドストラム-シェフィールドユナイテッド




Sheffield United 3-3 Manchester United


シェフィールドユナイテッドで突如名前を派手に売り出したのがこのジョン・ランドストラムだ。

3ゴールを記録しており、優れた守備を持つシェフィールドの攻撃をサポートしている。

そして走力と怪物のようなスタミナでその守備も大きく支えているのだ。

どこにいても現れる、そんな言葉がぴったりのランドストラムは今後も大きな活躍を見せてくれるだろう。




攻撃的ミッドフィルダー ジェームズ・マディソン-レスターシティ




余りにも素晴らしいレスターシティの頭脳。


マディソンは優れたテクニックを誇り、前線のジェイミー・ヴァーディやアヨセ・ペレス、そしてユーリー・ティーレマンスらと完璧な関係を築き上げている。


お膳立てをしたかと思えば中距離から自ら得点を奪いにくるマディソンはすべてのクラブにとっての脅威となっている。


一貫性もあり明らかに世界でもトップクラスのプレーメーカーだ。


ストライカー ジェイミー・ヴァーディ-レスターシティ




ここまで13試合に出場し、12ゴールを決めているジェイミー・ヴァーディ。

かつての姿を取り戻しており、相変わらずのスピードと決定力でレスターシティの攻撃を牽引している。

このままいけば得点王も十分にあり得るペースであり、レスターシティのトロフィー獲得を大きくサポートするだろう。

自らの得点力はもちろん周りとの連携も素晴らしく、監督からすればこれほど信頼できるストライカーを見つけることは困難なはずだ。



ストライカー ラウール・ヒメネス-ウルブズ




直近リーグ戦9戦連続無敗を誇るウルブズのストライカー、ラウール・ヒメネス。


ここまで6ゴールを決めており、堅守速攻を得意とするチームで戦術的に大きな存在となっている。

何でもできる、と言ってしまえば簡単だが前線を主戦場とする選手としては本当に何でもできてしまう。

カウンターの起点になったかと思えば味方を活かすことも可能、そして何より得点に関与している割合が非常に高いのだ。

ただ得点を決めるだけではないラウール・ヒメネスは非常にモダンなストライカーであり、ウルブズが大金を叩いて獲得しただけの価値は十分にある。








4.レスターシティ




Embed from Getty Images

ウィルフレッド・エンディディ、ジェームズ・マディソン、ユーリ・ティーレマンスの3人は非常にバランスに優れている。

エンディディはプレミアトップのタックル数を記録しており、マディソンは優れたテクニックを活かし前線を動かすのみならず自ら得点に絡むことも大得意だ。

今や世界中のクラブが狙っている完璧な攻撃的ミッドフィルダーと言えるだろう。

ティーレマンスは元々神童と言われていただけのことはある。

創造的な役割を担っており、チームにとって欠かせない選手だ。

今やプレミアでも屈指の中盤であり、タイトルさえ奪ってしまいそうなほどの勢いも持ち合わせている。



3.チェルシー




Embed from Getty Images


フランク・ランパード監督はチェルシーに中盤に革命を起こした。

元々強力な人材が揃っていたがそれを最大限に活かすことができている。

ジョルジーニョは言うまでもなく、攻撃のタクトを振るっており今では守備面でもクレバーさをしっかりと示している。

このジョルジーニョの覚醒無しに今シーズンのチェルシーを語ることはできない。

マテオ・コバチッチは持ち前の推進力を活かし攻撃を助けており、またゲームの流れをしっかり読むこともできている。

エンゴロ・カンテはもはやアンストッパブルな存在だ。

守備面はもちろん攻撃でもエリア内に飛び出し相手にとっての脅威となっている。

比較的若いスカッドの中で年齢層が高いチェルシーのミッドフィールド。

今後のチームの将来を左右する鍵と言っても過言ではないだろう。


2.リバプール




Embed from Getty Images


ファビーニョがここまで伸びたことはリバプールにとって大きな武器だろう。

彼の守備力と展開力はチームの心臓となっており、

ジョーダン・ヘンダーソンとジョルジニオ・ワイナルドゥムの2人は攻守で活躍できる選手であり、激しいプレスを仕掛けるリバプールにぴったりの選手だ。

とはいえ、彼らだけでは中盤の得点力が伸びることは予想されづらいだろう。

そこで現れたのがアレックス・オックスレイド=チェンバレンだ。

中盤から自ら持ち上がり、シュートを打てるチェンバレンは貴重な存在だ。

ここでアダム・ララーナの復活とナビ・ケイタの覚醒があればよりレベルの高い中盤へと進化するだろう。


1.マンチェスターシティ




Embed from Getty Images

揺るぐことのない1位はマンチェスターシティだ。

フェルナンジーニョとロドリの2人は欧州でもトップクラスの守備力を持つミッドフィルダーだ。

それと同時に優れたパサーでもあるため中盤で攻撃が停滞することもない。

フェルナンジーニョはセンターバックでも問題なくプレーできるほどである。

そして何よりもケヴィン・デブライネとダビド・シルバの存在である。

この2人は質の高い攻撃を表現するために欠かせない選手であり、明確な意図のもとでプレーを行う。

味方からすると非常にプレーがしやすいと感じるに違いない。

自らが欲しいタイミングでボールを渡してもらい、欲しい場所にピンポイントでボールを送ってくれるのだ。

デブライネの場合は多少無理な角度からでも強烈かつ正確なクロスを放つことができるため相手の守備陣に準備する暇を与えない攻撃が可能だ。

間違いなくプレミアで最強の中盤を持つチームは彼らだ。

これほど攻守のバランスに優れた中盤は今後もなかなか出てこないだろう。








プレミアリーグは世界でも最高峰のリーグであり、そこで長く活躍するということはとても簡単なことではない。

プレミアリーグ史上最多出場記録を653試合という記録でギャレス・バリーが打ち立て、鉄人っぷりを見せつけた。

そんなバリーもついに引退をし、時代の流れを感じるようになってきた。

そこで今回は現役でプレミアリーグの試合に多く出場している選手たちを紹介しよう。



5.フィル・ジャギエルカ 364試合




Embed from Getty Images

シェフィールドユナイテッドで育成され、その後移籍したエバートンで大きな活躍を見せた闘将ジャギエルカ。

再びシェフィールドに戻ってきたがその能力はまだまだ一線級であり、昇格したばかりの古巣を支えている。

エバートンで322試合に出場し、シェフィールド時代も合わせるとその記録は364試合になっている。

ジャギエルカであればまだまだ多くの試合に出場できるはずであり、この記録もさらに伸びることが予想されている。


4.アシュリー・ヤング 366試合




Embed from Getty Images

大改革を行い続けているマンチェスターユナイテッドで2011年からプレーしているアシュリー・ヤング。

一時期ポジション争いをしていたアントニオ・バレンシアは移籍し、ヤングは古くからクラブを知る人物として君臨している。

近年はサイドバックでのプレーが増えてきたが、決して層が厚いとは言えないスカッドを支えていたのではないだろうか。

多くのトロフィーを勝ち取ってきたヤングの次なる選択が非常に楽しみである。


3.アーロン・レノン 380試合




Embed from Getty Images

スパーズで長く活躍していた超速アタッカー、アーロン・レノン。

現在はバーンリーに所属しており、32歳と老け込むような年齢でもないためバリバリ現役で活躍している。

それでいて380試合に出場しているのは驚くべきことであり、クラブとも契約延長を果たしたためこれからもレノンの走りを見ることができる。







2.レイトン・ベインズ 412試合




Embed from Getty Images

イングランド史上屈指のキック精度の持ち主、レイトン・ベインズ。

PKの成功率が91%という驚異的なほどのPK職人であり、プレースキック全般を得意としている。

エバートンに移籍してからはずっと主力でプレーをし続けていたが、2018年にはリュカ・ディーニュによりポジションを奪われてしまった。

しかし、先日クラブとの契約延長を果たしておりこれでエバートンで13年目となる。

サイドバックとして412試合という数字はなかなか取れるものではなく、ベインズの偉大さがよくわかるスタッツと言えよう。


1.ジェームズ・ミルナー 526試合



Embed from Getty Images

未だに現役はおろか主力として活躍しているリーズの天才児。

多くのポジションをこなし、そのどれもが高レベルであることから今まで在籍してきたチームや監督から高い評価を受けている。

13km前後の走行距離を記録しながらも滅多に怪我をすることがなく、おまけに加入したてのリバプールでピッチ上のリーダーとして振る舞い、PKの成功率も89%と非常に高い。

まさにプロフェッショナルを体現している選手がジェームズ・ミルナーだ。

ギャレス・バリーの記録を破るには残り3.4シーズンは必要であり、さすがのミルナーでも不可能かもしれないがこの大記録を更新する可能性があるレジェンドの1人だ。












5.エベルトン Age23 グレミオ




Embed from Getty Images

コパ・アメリカで一躍名を挙げたエベルトン。

ブラジル代表として得点王を獲得し、今や欧州のクラブが獲得を狙っているとされている。

ブラジル人らいしテクニックとまるでロケットのような推進力を持ち、アタッカーとして魅力的な特徴を持っている。

まさにプレミア向きのエベルトンは自身でも欧州行きを希望していると言われており、来夏に大きな動きがあるかもしれない。

期待の若手とは言えない年齢かもしれないが彼の能力を考えると多額の移籍金を市は洗ってでも獲得するだけの価値はあるだろう。


6.ブルーノ・ギマランエス Age21 アトレチコパラナエンセ




Embed from Getty Images

ブルーノ・ギマランエスはアトレチコパラナエンセに所属するセントラルミッドフィルダーでしばしばフェルナンジーニョと比較されている。

両足が使えるという武器に加え、パスを出すタイミングを誤ることがなくビルドアップでの貢献が光る。

もちろんそれだけではなく非常に強く、タックルも上手く中盤におけるエンジンとして活動し続けてくれる。

これらの活躍を比較的一貫性のある形で継続するため信頼性も非常に高い。

チェルシーやワトフォードが接近していると言われているが下位に沈むワトフォードは彼を買い、ドゥクレとともに中盤に置くことで残留を目指すことも可能なはずだ。


7.ペドリーニョ Age21 コリンチャンス




Embed from Getty Images

最高峰の才能の持ち主とされているコリンチャンスのペドリーニョ。

この21歳のウィンガーはとにかくテクニックに秀でており、1対1の場面で負けることがほとんどない。

ボールを触ると必ず何かが起こると言われるほどであり、また一人新たな魔法使いが生まれたのだ。

欠点としてゴールを挙げることが苦手とされているが、それでもコリンチャンスが彼に設定しているバイアウトは£50mだ。

ゴールの数が少ないにもかかわらずこれだけのバイアウトを設定しているということはそれだけクラブ側が彼の才能を評価しているということである。

もしかするとまだ欧州行きは早いのかもしれないが若いうちにプレミアで活躍した先人たちを見れば修行も兼ねて挑戦するのも悪くはないだろう。



8.ヘイニエル Age17 フラメンゴ




Embed from Getty Images

リベルタドーレスで勝利したフラメンゴに所属する神童、ヘイニエル。

非常に創造的なミッドフィルダーであり、フラメンゴでは少ない出場時間でゴール、アシストを記録するなど得点に直結するプレーを選択することができる。

中盤の高い位置からラストパスを出すことに優れ、17歳ということもあり粗削りな部分も多いが変化を起こそうとするアクションからは何かが起こる予感がするのだ。

既に欧州のクラブが目をつけている逸材であり、この年齢ながら若くして欧州に渡る可能性は十分にある。

それがいきなりプレミアへ上陸するかはわからないところだがヘイニエルならば下位クラブにとっていい攻撃のアクセントとして1年目からでも活躍できるだろう。






↑このページのトップヘ