プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: 雑談

今シーズン、新たにトップ4入りをする可能性があるクラブとして挙げたのがレスターシティとウルブズだ。

予想通りなのか、予想以上なのか、レスターシティは今や2位に順位をつけている状態だ。

そしてヌーノ監督率いるウルブズは現在5位とCL権を狙えるところにまで調子を上げている。

本当にプレミアリーグの勢力図が変わろうとしている2019シーズン。

5位になったウルブズは先日、なんとマンチェスターシティ相手にまたもや勝利を収めたのだ。

マンチェスターシティとしてはかなり痛い敗戦となったが、ウルブズとしてはしてやったりだろう。

今回はそんな勢いを増しているウルブズの強さにマンチェスターシティ戦をもとにもう一度迫ってみよう。


1.圧倒的脅威、アダマ・トラオレの突破力



アダマ・トラオレ(ウルヴァーハンプトン)のプロフィール画像

アダマ・トラオレの突破力はミドルズブラ時代から有名であった。

ボロに所属していた時はとにかくボールを持てば自陣にいようがドリブルを仕掛ける。

しかし、それと同時にリスクも大きく大して得点力のないトラオレはポテンシャルがあると言われ続けながらもビッグクラブ行きができずにいた。

昨日のトラオレはまさに進化した姿を見せるかのようなパフォーマンスをしていたのだ。

右サイドに張り、単純に1対1を仕掛けるときもあれば中にボールを戻し遅攻を考える。

そしてここぞというときに見せる突破力は相手からすると非常に嫌なものであっただろう。

それもボールを受ける動きも的確なため、彼が決めたチーム2点目は”らしさ”全開のゴールであった。

ウルブズにとって圧倒的な破壊力を持つ矢なのである。



2.チームで最重要か、マット・ドハーティの戦術的重要性




Wolverhampton Wanderers 3-2 Manchester City


決勝点を決めて見せたのがウィングバックをつとめるマット・ドハーティだ。

実はドハーティはアダマ・トラオレやルベン・ネベス以上に重要な人物として君臨している。

非常に高い位置を取るドハーティは必然的に相手のウィングを低い位置に引き留めることができる。

さらに攻撃において効果的なプレーを選択する彼はアタッカー顔負けの攻撃力でチーム全体の攻撃に厚みを加えている。

決勝点のシーンでは外で受けながら中に入り、お手本のようなワンツーでボールを受けた。

ストライカーと見まがうほどのセンスでオタメンディを躱してシュートを叩き込んだのだ。

ウルブズにとって重要な選手である所以を見せつけた瞬間であった。



.ラウール・ヒメネスの万能さ



ラウール・ヒメネスのストライカーとしての万能さはマンチェスターシティ戦でもしっかりと発揮されていた。

正確なキックを持つコナー・コーディやルベン・ネベスらのパスを無駄にすることなく体を張ってボールを収めてくれる。

また、ある時は味方を最大限生かすために自らを犠牲にする。

そしてエースらしい得点も決めることができる。

マンチェスターシティ戦ではそのすべてが凝縮されていたのだ。

結果的に1ゴール1アシストを記録しておりアダマ・トラオレやマット・ドハーティらとともに主役となったのだ。

新型ストライカーであるラウール・ヒメネスはこれからのウルブズを体現し、クラブの格を確立するためには絶対に欠かすことのできない選手となるだろう。

5.ダビド・デヘア



Manchester United v Aston Villa - Premier League


スペイン代表の守護神を務めてきたイケル・カシージャスは偉大な選手だ。

あれほどのロマンを感じさせるゴールキーパーは今後も現れないだろう。

ダビド・デヘアはそんなカシージャスに劣らぬ反射神経を見せてくれる特別な選手だ。

特にクラブでは近年脆弱さが指摘されている守備陣の中でただ一人奮闘しており、そのセービングスキルを遺憾なく発揮している。

最近は凡ミスを連発するようになってしまい、トップレベルのゴールキーパーと呼べるのかという声もあるが衰えを焦るような年齢でもない。

これからどのような活躍を見せるのかは未知数となってしまったが、ここ10年ではベストなゴールキーパーの1人だろう。



4.ジェラード・ピケ



Spain v Italy - FIFA 2018 World Cup Qualifier

7度のラリーガ、5度のコパデルレイ、そして2度のチャンピオンズリーグを勝ち抜いたセンターバック。

ピケは優れた足元を持つ選手であり、近年のバルセロナが行ってきたポゼッションスタイルに完璧にフィットした。

守備力をおろそかにすることもなく、空中戦の強さと合わせてパーフェクトディフェンダーとも言える活躍を見せてきたのだ。

後釜が心配されているが、長く濃密であろうその経験をもとにこれからもクラブと代表を支えていくはずだ。


3.アンドレス・イニエスタ



Netherlands v Spain: 2010 FIFA World Cup Final


今やJリーグでプレーする世界を代表するプレーメーカー、アンドレス・イニエスタ。

プロの選手を以てして完璧と言われるイニエスタは本当にサッカーをよく理解している選手だ。

シンプルかつ効果的なプレーをし、重要な場面では自ら得点も決めてくれる万能さを今まで数多くの試合で見せてきた。

ワールドカップでは決勝でオランダ相手に決勝点を決め、まさに伝説を作った。

スペイン人選手でイニエスタに酷似したプレースタイルを持つ選手は多いが、彼のクオリティを超えることはまさに至難の業だろう。


2.ダビド・シルバ



Spain v Morocco: Group B - 2018 FIFA World Cup Russia

マンチェスターシティで長く活躍をしているダビド・シルバ。

今シーズン限りでの退団が発表され、彼のシティでの旅もついに終わるを迎えることとなった。

マンチェスターシティにおける重要選手であり続けたシルバはチームの攻撃力を左右するほどのセンスを持っている。

ヤヤ・トゥーレ、フェルナンジーニョ、ケヴィン・デブライネなど高いクオリティを持った選手がシティには在籍していたが、シルバがいる時といない時ではチームの出来が明らかに違うのだ。

セルヒオ・アグエロとともに伝説を作り続けてきたシルバは今シーズン、念願のチャンピオンズリーグ優勝を果たしてシティと別れることはできるのだろうか。


1.セルヒオ・ラモス




Spain v Sweden - UEFA Euro 2020 Qualifier


レアルマドリーでタイトルを勝ち取り続けてきたセルヒオ・ラモス。

このリストで最上位に位置するのも納得だろう。

サイドバックでプレーしていたラモスはあっという間に世界最高のセンターバックへと登り詰めた。

クラブだけでなく代表でもコンスタントな活躍を見せており、170試合出場を達成し歴代で1位となっている。

センターバックとして欠けているものはなく、年齢を重ねてからは経験をもとにしたクレバーさも活かしている。

よくカードを貰うという”らしさ”を残しているところも彼らしいだろう。


ビッグ6という言葉は既にレスターシティやウルブズらによって崩されつつある。

だが、今回はまだその言葉を使わせてもらおう。

1月の移籍市場は後半戦のリーグを左右する重要な決断の場であり、救世主が誕生する瞬間でもある。

今回は旧ビッグ6が1月の移籍市場で獲得すべき選手を紹介しよう。


マンチェスターシティ-カリドゥ・クリバリ



Kalidou Koulibaly in action for Napoli in the Serie A this season

エメリク・ラポルテが離脱してからのマンチェスターシティは明らかに不調に陥っている。

守備はタイトルをもたらすと言うが、ラポルテほどの実力者を失えばチームへの影響力も大きくなるだろう。

首位のリバプールとの差は14。

まだ無敗の彼らを追いかけるにはこれ以上は離されてはならない。

カリドゥ・クリバリはご存知の通り、セリエA最強のセンターバックとして君臨し続けているスペシャルな選手だ。

ラポルテの代わりはおろか、彼とともに史上最強クラスのディフェンスラインを築き上げることも可能なオプションとなる。

ベテランであり、本職ではないフェルナンジーニョに頼りっきりでは後半戦はもちろんのこと来シーズンに向けて良い準備ができるとは言い難い。

クリバリはフィルジル・ファンダイクのように1人で周りを輝かせる能力もあり、マンチェスターシティの数年後を考えても守備の基礎を作り上げてくれるだけの力がある。

クリバリはナポリへの愛情をかなり示してはいるが、監督であるカルロ・アンチェロッティが解任され、チーム内部で争いがあると言われている。

£90mはかかると言われているクリバリの移籍金を満額支払えれば十分に獲得のチャンスはあるはずだ。




チェルシー-ジェイドン・サンチョ/ハキム・ヅィエフ



Jadon Sancho has lit up Bundesliga with his stellar performances for Borussia Dortmund this season

チェルシーにはワールドクラスの選手が必要だ。

いや、現在在籍している選手たちの多くはワールドクラスであることは確かだ。

しかし、スカッドを若くしながら戦っているフランク・ランパードのチームには圧倒的なクオリティが必要なのだ。

年齢とともに衰えるだろうペドロとウィリアンにいつまでも頼ることはできない。

なのであれば数年後を計算しながら即戦力として活躍できるアタッカーを獲得できれば彼らにとって理想的な展開だろう。

ジェイドン・サンチョはその勢いをブンデスリーガで落とすことなく進化し続けており、若いチームの中でも最高の輝きを放つことができるはずだ。

£100mと言われる移籍金は今のチェルシーにとって十分に支払える額であり、他のチームと来夏の移籍市場で争奪戦を繰り広げるよりも良いだろう。

ハキム・ヅィエフはアヤックスで圧倒的な攻撃力を見せているアタッカーだ。

昨シーズンのチャンピオンズリーグで一躍有名となったが、結局昨夏は残留を選択した。

線は細いもののテクニックやキックのレベルは既にワールドクラスであり、プレースキッカーとしても計算できる点は嬉しいだろう。

サンチョのように10年後まで活躍できるかは厳しいだろうが、支出を抑えながらの獲得としてはかなり魅力的なはずだ。

どちらかをスカッドに加えることは後半戦のチェルシーにとっても、そして来シーズンの準備のためにも大きな意味を持つ。


マンチェスターユナイテッド-アーリング・ハーランド



19-year-old Erling Braut Haaland has been highly prolific in the Austrian Bundesliga and the Champions League this season

マンチェスターユナイテッドには信頼できるストライカーが必要だ。

ロメル・ルカクを失い、マーカス・ラッシュフォードとアントニー・マルシャルに任せることはリスクが高い。

チャンピオンズリーグの舞台で躍動し続けたアーリング・ハーランドは既にプレミアリーグでも十分にやれるクオリティを示したのではないだろうか。

よりストライカーとして、ボックス内で大きな力を発揮するハーランドはまさにユナイテッドが欲している人材だろう。

ポール・ポグバを怪我で失っている今、創造性を作り出せる中盤も必要かもしれないが彼ほど信頼できるストライカーが前線で構えていればスールシャールにとっても他のオプションを考えやすくなるはずだ。


以前より移籍が噂されており、それなりの移籍金がかかることが予想されるがそのための投資は覚悟していると思って間違いない。

10代ながらも名門の救世主としてハーランドがプレミアリーグに降臨するのだろうか。



アーセナル-トーマス・パーティ



Atletico Madrid midfielder Thomas Parteycould be an excellent addition to Arsenal

アーセナルは大きな問題を抱えている。

ウナイ・エメリが解任されたものの、調子が戻っているようには見えずにいるからだ。

彼らの前線はピエール・エメリク・オーバメヤン以外で計算が経つ選手がいないと言っても過言ではない。

しかし、アレクサンドル・ラカゼットやニコラ・ペペらは持っている能力は高いためすぐに解決する可能性はある。

それよりも深刻なのが中盤の問題なのだ。

守備的ミッドフィルダーとして有効な選手がおらず、守備の崩壊が止まらずにいる。

アトレティコマドリーのトーマス・パーティはアトレティコらしい守備と力強い攻め上がりを持っており、ダイナミックさと計算された動きを併せ持つ選手だ。

彼の隣ながらグラニト・ジャカも活きる可能性はあり、ダニ・セバージョスやメスト・エジルはよりプレーがしやすくなるはずだ。

アーセナルは夏に予算を使っており、大金を再び使うことが難しいかもしれないが現状から回復するためには必要な投資となるはずだ。


スパーズ-ブルーノフェルナンデス




Bruno Fernandes should be a top priority for Spurs if Christian Eriksen were to leave


スパーズはモウリーニョ体制になってからクリスティアン・エリクセン抜きでも十分に戦えるチームとなってきている。

しかし、やはり彼の創造性があればチームがより活きるという点は否めない。

デレ・アリが覚醒してきた今ならより必要な選手のはずだ。

そんなエリクセンは確実にこの冬か来夏で去ってしまう。

スパーズが獲得可能でなおかつエリクセンの代わりを務め、モウリーニョが納得するだけのクオリティを見せることができる選手は現時点でブルーノフェルナンデス以外にいないだろう。

絶大な得点力を持つミッドフィルダーであるブルーノフェルナンデスはスパーズにダイナミックさと得点力をプレゼントしてくれるはずだ。

優れたテクニックの持ち主でもある彼はプレッシャーがかかる場面でも落ちついてボールを処理し、前線のハリー・ケインやソンフンミンと言ったストライカーたちを大きくサポートできる。

問題は彼を獲得するだけの資金をダニエル・レヴィ会長が出すか否かだ。

これを断ればモウリーニョとの亀裂が生まれるきっかけとなるかもしれないが・・・。




リバプール-ティモ・ヴェルナー



timo-werner


現在リーグ戦無敗でトップに立つリバプールのロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、そしてサディオ・マネのトリデンテは変わらぬ破壊力と献身性でチームに貢献しつくしている。

ディボック・オリギやジェルダン・シャキリら控えの選手たちも躍動しはじめ彼らの前線は贅沢の極みのような状態だ。

しかし、彼らがプレミアリーグはもちろん複数のタイトルを狙っているのならば前線の3人と変わらないクオリティを持った選手の獲得を望むはずだ。

それがティモ・ヴェルナーだ。

彼の特徴はシャキリでもオリギでも真似できない守備への貢献だ。

どこに蓋をすればカウンターに繋がるか、どこにプレスをかければより得点に直結しやすいかを考えながらプレーし、なおかつ得点も決める恐ろしい選手なのだ。

カウンター時にはそれを殺さぬスピードと周りを見る目で効率的にゴールまで繋げることができる。

守備には定評がある彼らのスカッドにヴェルナーが加わればもはや何者も彼らを止めることはできなくなるだろう。

ジョゼ・モウリーニョがプレミアリーグに再び舞い戻ってきた。

サッカーの内容に大きな変化はないものの、就任して以降の2試合で勝利を収めている。

そんなモウリーニョはポルトから始まりこれまで多くのビッグクラブを率いてきた。

では、歴代で彼が指揮をとったチームの中からベストイレブンを選出すると果たしてどうなるのだろうか。

そこで今回はこれまでモウリーニョが率いてきたクラブでのベストイレブンを発表しよう。



ゴールキーパー ペトル・チェフ



Charlton Athletic v Chelsea

プレミアリーグにおける最多クリーンシート記録保持者。

ヘッドギアがトレードマークの元チェコ代表は本当に説明のいらないゴールキーパーであった。

イタリアのジャンルイジ・ブッフォン、スペインのイケル・カシージャスらのように本物の守護神と呼べる存在であり、これまでにチェルシーが獲得してきたトロフィーには彼の血と汗が混じっているだろう。

1シーズンにおける最多クリーンシート記録である21は未だに破られておらず、マンチェスターユナイテッドのエドウィン・ファンデルサールが同数で並ぶのでやっとだ。

現代的なゴールキーパーとしての能力が求められてきた時代がやって来てもその経験を活かしてゴールマウスを守り続けた。

不運にもレギュラーをティボー・クルトワに奪われたためにアーセナルへと移籍となったが、移籍しても彼らしいプロフェッショナルを維持し続けていた。

本当に偉大な、プレミアリーグを代表するゴールキーパーだ。


ディフェンダー ハビエル・サネッティ、リカルド・カルバーリョ、ジョン・テリー、アシュリー・コール


Chelsea v Liverpool - Premier League

そうそうたる面子が並んだ。

ハビエル・サネッティはインテルのレジェンドであり、モウリーニョ政権におけるトレブル達成の立役者とも言える存在だ。

ディフェンダーに必要なすべてを備えた選手であり、アルゼンチン出身ながら守備の国イタリアを唸らせるほどの守備能力を持っていた。

リカルド・カルバーリョとジョン・テリーはチェルシーにおける最堅守のコンビだ。

シーズンを通して失点が僅か15と恐るべき数字を残している。

また、テリーに関してはチェルシーにおけるれっきとしたレジェンドであり引退する最後の瞬間までキャプテンシーを持ち続け自らの選手たちに「ジョン・テリー」を示した。

アシュリー・コールは言うまでもなく歴代でも最高峰のサイドバックだ。

完璧な能力を持っており、現代の選手たちと比較しても圧倒的にアシュリー・コールの方が上だと言わざるを得ないほどである。

間違いなくプレミアリーグ史上最高の左サイドバックだろう。



ミッドフィルダー クロード・マケレレ、フランク・ランパード、ウェズレイ・スナイデル




Chelsea v Arsenal - Premier League


バランスと恐ろしいほどの攻撃力を持つ中盤の出来上がりだ。

クロード・マケレレは驚くべき守備能力を誇った選手であり、広い範囲をカバーしながら確実に攻撃の芽を摘んでいた。

フランク・ランパードとデコがファイナルサードでイキイキとプレーすることができたのは後ろにこのマケレレが控えていたからである。

近年ではエンゴロ・カンテがマケレレと同程度の守備能力を持っていると言われているが、それでも守備に限定すると彼に適うほどではないだろう。

それほどに怪物じみていたのだ。

現在のチェルシーの監督であるフランク・ランパードは中盤の選手ながら高い得点力を持つ選手であった。

イングランド人らしいダイナミズムを活かしエリア内に侵入することもあれば、遠目からでも十分ゴールを狙えるキック精度も備えていた。

チェルシーの黄金期を支えた誰もが認めるワールドクラスだ。

ウェズレイ・スナイデルはバロンドールを獲得できなかったことが不可解で仕方がない選手だ。

常に中盤で魔法をかけ続け、チームを勝利に導く天才であった。

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドと同時代に生まれたことが不運だったのか、それとも…。



フォワード エデン・アザール、ディディエ・ドログバ、クリスティアーノ・ロナウド




Manchester United v Chelsea - Premier League


現在レアルマドリーに所属しているエデン・アザールはチェルシーで年々パフォーマンスレベルを上げていたベルギーの天才だ。

多くの得点を量産することはないが、常に左サイドでチャンスを作り出し、時には変幻自在のドリブルスキルで見る物を魅了させていた。

タイトル獲得に大きな貢献をしてきたアザールは2015のPFAプレーヤーオブザイヤーに選出されている。

ディディエ・ドログバはまさにストライカーであった。

ポルト時代に彼に惚れたモウリーニョがより資金のあるクラブへ移ってでも獲得したいと思ったほどだ。

屈強で空中戦の強さがありながらシュートセンスに恵まれていたドログバは全プレミアリーグのクラブにとって悪夢のような存在となった。

クリスティアーノ・ロナウドは当然の選出だろう。

5度のバロンドールを獲得し、レアルマドリーでは同じスペインのライバルであるリオネル・メッシとともに考えられないほどの得点を量産し続けていた。

大きな舞台になればなるほどとてつもないゴールでチームを救ってきた。

近年のレアルマドリーの功績はロナウドが作ったと言ってもいいだろう。

1.ソンフンミン




Son Heung-min

今ノリに乗っているアジア人ストライカー。

ハードワークをする上に優れたフィニッシャーでもあるソンフンミンはスパーズにおける最重要人物となろうとしている。

両足を謙遜なく使い、エリア外からでも平気で放つシュートは非常に危険だ。

ダビド・デヘアを以てしても防ぎきれない可能性があるためマンチェスターユナイテッドとしては大きな対策が必要となるだろう。

逆にスパーズはハリー・ケインではなくこのソンフンミンを中心とした戦術を組んでくる可能性が高いはずだ。



2.ダニエル・ジェームス



Daniel James

マンチェスターユナイテッドに加入して以降下降気味にあるチームで一貫性のあるプレーを続けている希少な選手だ。

彼のスピードには要注意すべきだが、それ以上にビッグゲームで力を発揮することを忘れてはいけない。

ここまで3ゴール3アシストと数字上は大したことがないかもしれないが、確実に相手ディフェンダーにとっての脅威となっておりそのポテンシャルを少しずつ開花させようとしている。

マンチェスターユナイテッドにとってビッグチャンスを生み出す機会があるとすればダニエル・ジェームスのサイドからになりそうだ。


3.スコット・マクトミネイ




Scott McTominay


スコット・マクトミネイは中盤の強度を上げることができる、現在のマンチェスターユナイテッドにとって貴重な人物だ。

ポール・ポグバが長くの間離脱しているがそれを感じさせないほどのパフォーマンスを見せている。

主にボックストゥボックスとしての役割を完璧に果たし、フレッジやアンドレ・ペレイラでは物足りなかった中盤に力強さを増してくれるはずだ。


唯一の懸念事項としては怪我から復活したばかりという点か。


4.デレ・アリ



Tottenham Hotspur v AFC Bournemouth - Premier League



モウリーニョが愛してやまないデレ・アリ。

完全にパフォーマンスを取りもどしたアリは3試合で3ゴール1アシストを記録するなど絶好調だ。

元々高い得点力を持っており、それと共に前線に大きなサポートももたらすことができる。

スパーズが早くから見出したそのポテンシャルを開花しているアリがこの試合を決定づける可能性は十分にあるはずだ。

逆に言えば絶好調のアリを封じることができればマンチェスターユナイテッドにとってはかなり楽な試合運びができる…。



5.マーカス・ラッシュフォード



マンチェスターユナイテッドのユース出身でありマーカス・ラッシュフォード。

今シーズンはチームが得点力不足と言われながらも彼は10ゴール4アシストを記録しており、前線ではかなり息を吐いている。

若くから活躍しているため年齢を忘れがちだがまだ彼は22歳だ。

リバプールとチェルシー相手に得点していることからこの試合で得点を期待してもいいだろう。

以前の指揮官であるモウリーニョが相手ということもあり色々と感じることもあるかもしれないが、これから彼がマンチェスターユナイテッドの主役を務めるには越えなければいけない壁だ。

↑このページのトップヘ