プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: トッテナムホットスパー

ジョゼ・モウリーニョはタイトル請負人としてこれまで多くのクラブでトロフィーを獲得してきた。

その彼が次の到着駅として選んだのがイングランドのスパーズだ。

モウリーニョが就任してからマンチェスターユナイテッドに破れたもののチームの勢いは戻りつつあると言ってもいいだろう。

チェルシーが失速し始めているため、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得することも可能かもしれない。

そこで戦力を整えればモウリーニョの指揮の下、更なる大きな結果を望むこともできるはずだ。

しかし、彼の招聘にはリスクが伴ってしまう。

そこで今回はモウリーニョスパーズにおける、考えられる最高の結末と最悪の結末を紹介しよう。



1.最高の結末:リーグと国内カップ優勝



Jose Mourinho

モウリーニョであればそこまで難しいミッションではないはずだ。

タイトルから遠く離れているスパーズにリーグタイトルをもたらすことができれば確実にブランド力も身についてくるはずだ。

では、この結末に導くためにはどのようなことが必要となるのだろうか。


ダニエル・レヴィ会長の投資



最重要と言っても過言ではないだろう。

モウリーニョはミッションを達成するために必ず大きな投資を望むはずだ。

これまで財布の紐を固く閉ざしてきたダニエル・レヴィ会長がモウリーニョの望む選手を惜しみなく獲得することができれば力強い援護となる。




戦力の売却



クリスティアン・エリクセンは世界で見ても最高クラスの市場価値を持っていながら来夏にフリーでの移籍が可能となってしまう。

彼を無理やり引き留めることはもはや必要がないことだが、少なくとも数十億の利益を失うことになればクラブに大きな損失を与えることになる。

冬に彼を含めた戦力の売却を上手く行うことができればFFPのことを気にすることなく余裕を持った移籍戦略を考えることができるはずだ。



既にモウリーニョは若いデレ・アリを中心に据えようと試行錯誤をしている。

そこにソンフンミンやハリー・ケインのような実力者をミックスさせることで勝てるチーム作りをしてくるはずだ。

クラブから投資というサポートを受けることができればスパーズは未だかつてないほどの巨大なチームになり、タイトルをもぎ取っていくだろう。




2. 最悪の結末:クラブと揉め、あっという間に低迷




Mourinho has reduced Christian Eriksen to a bit-part player recently


ジョゼ・モウリーニョは非常に扱いが難しい監督だろう。

これまでも円満にクラブと別れてきたとは言い難い。

カリスマ性が強いということはそれだけ影響力も大きいということだ。

仮にチーム作りが上手くいっている最中にクラブと揉めごとを起こしてしまえば空中分解することも十分に考えられる。

その要因を考えてみよう。


ダニエル・レヴィ会長が金を出し惜しむ



仮に、モウリーニョが望む選手を獲得しなかったり素直に資金を提供しなければあっという間に彼とクラブは決別してしまうだろう。

恐らくモウリーニョと契約する際にそのことについても了承しているはずだが、何らかの理解の違いがあった場合これが起こる可能性は高い。


ハリー・ケインの移籍



ハリー・ケインは現チームで最も一貫性のある実力者だ。

彼以外でプレミアリーグで20点を約束できる選手はセルヒオ・アグエロとピエール・エメリク・オーバメヤン、そしてサディオ・マネとモハメド・サラーくらいだろう。

タイトルを手にするチームには必ずと言っていい程信頼できるストライカーがいる。

仮に来夏の移籍市場でハリー・ケインが移籍となればチーム力の低下はおろか、他の選手の心情にも悪影響を及ぼすだろう。

せっかくデレ・アリの調子も戻り、ソンフンミンも好調だというのに移籍してしまえば意味がなくなってしまう。



どちらの結果に転ぶかは良くも悪くもモウリーニョの手腕次第となってしまう。

チームが空中分解し、最悪の時期を迎えることになってしまうのか。


それともタイトル請負人の名に恥じぬ采配で見事にスパーズにトロフィーをもたらすのか。


これからのプレミアリーグで注目しておきたいポイントだ。






スパーズの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョ。

これまで多くのメガクラブを率いてきたモウリーニョが突然の就任だったため世界は驚いただろう。

そんな彼に支払われる給料はプレミアリーグでもペップに続く2番目となる£15mだ。

これは前任者であるマウリシオ・ポチェッティーノやユルゲン・クロップの倍の金額であり、その他の経費を合わせるとスパーズはモウリーニョ招聘におよそ100億円を投じていることになる。

当然ここまでのコストがかかればモウリーニョには相応の結果が求められる。

そこで今回はスパーズ就任のジョゼ・モウリーニョに課せられたタスクについて紹介しよう。


トロフィーを獲得する



Embed from Getty Images

これは当然のタスクだろう。

リーグで2番目となる年俸を受け取りながら何も勝ち取れなかったとはクラブ側も言わせないだろう。

リーグ戦においては首位のリバプールとかなりの差があるため優勝は厳しいだろう。

また、シーズン途中での交代なため今シーズンで何かタイトルを勝ち取れと言うのも酷な話である。

しっかりとチャンピオンズリーグ出場権を獲得しつつチームを完成に近づけ来シーズンでタイトルを獲得できれば上出来のはずだ。

しかし、トロフィーを獲得し慣れていないスパーズにトロフィーを獲得することに慣れているモウリーニョなだけにどんな化学反応を起こすのかは非常に楽しみである。


ディフェンスの整理




Embed from Getty Images

守備を徹底的に大事にするモウリーニョにとって頭を悩ませる問題だろう。

他のクラブと比べると守備のレベルがワンランク落ちるかもしれないスパーズの面々を見れば確実に彼は補強を希望するはずだ。

そのためには整理も行わなければならない。

誰を残して誰を売却するのか。

ダニエル・レヴィ会長は決して太っ腹とは言えず、モウリーニョが望むままの補強はできないかもしれない。

だが、理にかなった売却で資金を得ることでモウリーニョにとって選択の幅が広がるのだ。

寸分の狂いも許されない決断をしなければならない時が来るだろう。

フリーで選手を放出しない




Embed from Getty Images

スパーズにはまもなく契約を終える選手が何人か在籍している。

代表的なのはクリスティアン・エリクセンだろう。

脂の乗り切った年齢であり、これから全盛期を迎える彼をフリーで放出することは断じて許されない。

彼は既に移籍することを心に決めているがクラブは資金を得ることができる1月中に彼を売却しなくてはならない。

他の選手も契約満了を迎える前にしっかりとお金に変えねば今後のクラブ戦略に大きな支障が出るだろう。


アウェイで勝ち切る




Embed from Getty Images

今シーズン、アウェイの成績のみではスパーズはリーグで17位となっている。

これはあまりにも酷い成績であり、現在なぜ彼らが14位に位置しているのかを的確に表している。

最後にアウェイで勝利したのはなんと12試合も前となる。

これはスパーズのクオリティを考えれば満足とは言えない数字であり、大きく改善することが可能なはずだ。



ハリー・ケインを残留させる




Embed from Getty Images

エースであるハリー・ケインの残留は絶対とも言えるタスクだ。

クリスティアン・エリクセン、ダニー・ローズ、トビー・アルデルヴァイレルト、ヤン・フェルトンゲンらの将来は既にスパーズの手から離れてしまった。

しかし、ケインの契約問題はまだまだ先のことであり心配することはない。

多くのクラブが彼のことを狙うはずだがクラブに放出の意思はもちろんはもちろんなく、後は本人の意思次第となる。

そうなれば彼にとってより良い環境に作り上げなければならないのだ。

チャンピオンズリーグ出場権をしっかりと獲得し、未来あるクラブだと証明しなければならない。

ケインをも失ってしまえばこの監督交代劇は史上最低と罵られる可能性すらあるのだ。








マウリシオ・ポチェッティーノが解任されてからあっという間の出来事であった。

クラブをここまで発展させたポチェッティーノはついにチャンピオンズリーグ決勝に進出するまでチームを作り上げることに成功した。

しかし、昨シーズン終盤からチームの調子は悪くさらに主力選手たちの流出の噂が後を絶たない。

実際に最重要プレーヤーとも言えるクリスティアン・エリクセンは今冬か来夏での移籍が確実となっている。

そしてクラブはやむなくポチェッティーノの解任に踏み切ったのだ。

その数時間後、スパーズが新たな監督として発表したのがジョゼ・モウリーニョだ。

いくつものクラブを率いてはタイトルを残し去って行く多くの意味で偉大な監督であるが、彼はあくまで自らのやり方を貫き通す人物だ。

そこで今回はPAよりモウリーニョがスパーズ就任で最初にするであろう5つの事を紹介しよう。


1.契約が微妙な選手の売却



Embed from Getty Images

来夏で契約が切れるクリスティアン・エリクセンをはじめ、スパーズにはフリーで選手が流出してしまうケースがいくつかある。

モウリーニョは世界で最もお金を使った監督であり、フロントは彼の望む選手を必ず取ってくる必要がある。

しかし、今のスパーズにそんな財力はあるのだろうか?

1月に大型補強を実行しようにもお金がなければ何もすることができない。

そこでクリスティアン・エリクセンやダニー・ローズやビクター・ワニャマ、トビー・アルデルヴァイレルトらを契約が切れる前に冬に売却をするだろう。

そこで得たお金を補強に回し、モウリーニョは自らが欲しいと思う選手を獲得するはずだ。

しかし、それをするにはお金にシビアなダニエル・レヴィ会長を説得する必要があるが…。


2.ブルーノ・フェルナンデスを連れてくる




Embed from Getty Images

モウリーニョはブルーノ・フェルナンデスのファンである。

クリスティアン・エリクセンの代役にぴったりであり、力強いそのパフォーマンスはまさにモウリーニョ好みだ。

しかもブルーノ・フェルナンデスは夏の移籍市場で個人間においてスパーズと合意していたとの報道もあったため比較的優位な立場で取引を進められるはずだ。

後はスポルティングが望む移籍金を支払えるのか否かである。


3.パウロ・ディバラ獲得の噂が再燃する




Embed from Getty Images

今夏、突如ユベントスのパウロ・ディバラがスパーズに移籍するとの報道が各国で起こった。

実際にはディバラはユベントスに残ったものの、ディバラ自身はユベントスを離れることを選択肢の中に含めており移籍の可能性は十分あったと思われる。

個人間での合意もあったと言われているため、モウリーニョのような実績のある監督が就任した今であればより魅力的なオファーに見えるかもしれない。

獲得できる可能性は正直そんなには高くないだろう。

しかし、消滅したと思われたこの移籍の噂が再燃するのは確実だ。


4.ディフェンダーと契約する




Embed from Getty Images

モウリーニョが1番重要視するのは守備面である。

守備をおろそかにはせず、チームをあっという間に強固なものへ変えてしまう彼にとって強力なディフェンダーは必要不可欠だ。

そのため冬に移籍市場では真っ先にディフェンダーの獲得へ向かうだろう。

サイドバックで有力なのはプレミアでの実績があるチェルシー出身のネイサン・アケとフランスのニースで活躍するユーセフ・アタルだ。

センターバックではカリドゥ・クリバリが理想ではあるがあまりにも移籍金が高すぎる。

もちろんナポリ側へ交渉を行うはずだが実現する可能性は極めて低い。

5.ズラタン・イブラヒモビッチ




Embed from Getty Images

さぁ、ズラタンという名の電車は次はスパーズで降りるのだろうか。

モウリーニョとズラタンは良好な関係を保っており、彼が最も信頼している選手の1人でもある。

38歳となったがアメリカで見せたプレーに衰えは見られず、プレミアリーグに戻ってきたとしても下手をすれば得点王に絡むような活躍を見せるかもしれない。

そんな夢とファンタジーを好む人々が愛するズラタンをスパーズに連れてくることは非常に大きな,そしていろいろな意味を持つだろう。



リヨンのメンフィス・デバイ獲得に£50mを用意か(The mirror)



Embed from Getty Images

スパーズはリヨンに所属しているメンフィス・デバイの獲得を狙っているようだ。

かつてルイ・ファンハール監督率いるマンチェスターユナイテッドに加入したものの、思うような結果を残すことができずフランスのリヨンへと移籍していった。

そのリヨンでは絶対的な選手となっており、得点力や局面打開力に磨きをかけている最中だ。

オランダ代表にもしっかりと定着し、主力の1人として数えられている。

スパーズはデパイ獲得に£50mもの移籍金を用意していると言われている。

ユベントスに所属するパウロ・ディバラも夏に狙っていたが結局獲得できなかったため、彼らは前線の人数を増やしたいと考えているようだ。

夏に多額の移籍金を投入してなお冬にも選手獲得に大金を使うのだろうか。



ユベントスはハリー・ケインの獲得を考慮か(PA)



Embed from Getty Images


スパーズに所属するハリー・ケインは2024年まで現行契約を残している。

しかし、チームの状況を見てなのか自らのキャリアをロンドンで過ごすことに疑問を抱いている。

そこに目をつけているのがレアルマドリーマンチェスターユナイテッドと言われているが、中でも1番アプローチを強めようとしているのがユベントスだ。

イタリア王者は多額の移籍金を用意して獲得に向かうことを考えている。

当然1月での獲得は困難と考えており、来シーズンの移籍市場で具体的な動きが出てきそうだ。

そうなるとユベントスのパウロ・ディバラゴンサロ・イグアインらにも影響が出てきそうだが夏に大きな移籍は実現するのだろうか。


マンチェスターユナイテッドが1月の移籍市場でクリスティアン・エリクセンを獲得か(El Desmarque)



Embed from Getty Images

スパーズのクリスティアン・エリクセンは1月か来年の夏の移籍市場で移籍することがほぼ確実となっている。

当然夏となればフリーとなり、エリクセンレベルの選手を移籍金ゼロで放出するのはクラブとしても痛いだろう。

冬にもオファーが来れば放出を考慮するだろうが、ここにきて国内のライバルであるマンチェスターユナイテッド£42mを用意してエリクセン獲得に迫っているようだ。

だが、エリクセン本人の希望がスペインのレアルマドリーのため移籍の可能性は極めて低いと言えるだろう。

調子も段々と落としているエリクセンだが、早くも今冬にクラブを去ってしまうのだろうか。

チャンピオンズリーグで準優勝した面影はもはや無くなりつつある。

スパーズは補強ゼロにも関わらずリーグ、チャンピオンズリーグともに素晴らしい時間を過ごし、チャンピオンズリーグにおいては決勝にまで進出した。

リバプールに敗れて準優勝になったものの、その姿は次のシーズンを大いに期待させるものであった。

しかし、今のスパーズの状況は酷くなる一方だ。

移籍を志願するクリスティアン・エリクセンはパフォーマンスが低下し、右サイドバックは安定していない。

さらには選手たちの契約更新も思うように進んではいない。

彼らはもちろん1月の移籍市場でこの状況を打破すべく補強を考えているだろう。

そこで今回はスパーズが1月の移籍市場でターゲットにすべき3人を紹介しよう。


1.フェロ ベンフィカ





Embed from Getty Images


スパーズは既に今シーズン22失点を喫している。

特にバイエルン相手に7失点をしたのは今のスパーズのバックラインの弱さを証明してしまうこととなった。

今シーズンポルトガルリーグで最も素晴らしいパフォーマンスを見せている1人であるベンフィカのフェロはそんな状況を変えてくれるはずだ。

21回のタックル12回のインターセプト、そして18回のクリアは特筆すべき数字である。

平均レーティイングも7.10であることからこれらの数字がしっかりとチームにとってプラスになっていると証明されている。

未だ年齢も22歳であり、若手の育成に定評のあるスパーズにいけば出場機会とともに成長のチャンスも与えられるはずだ。


2.ブルーノ・フェルナンデス スポルティング




Embed from Getty Images

散々移籍が囁かれていたにもかかわらず結局残留となったスポルティングのブルーノ・フェルナンデスはクリスティアン・エリクセンの代わりを務められる選手だ。

今シーズンも素晴らしいパフォーマンスを見せており、515本のパスに29回のドリブル成功、そして6ゴール5アシストを記録している。

また、ブルーノ・フェルナンデスはチャンスメイク力に加えてその得点力も魅力的だ。

攻撃が手詰まりになり、ハリー・ケインとソンフンミンに頼ってしまう場面が多かった昨シーズンを見てみるとブルーノ・フェルナンデスの加入は非常に大きな意味を持つだろう。

莫大なコストがかかることが予想されるが、チームの再建のためには必要な投資であり、それに応えてくれるクオリティを持った選手である。


3.アーリング・ハーランド ザルツブルク




Embed from Getty Images


世界にまた1人、若き怪物が現れた。

ザルツブルクに所属するアーリング・ハーランドは19歳とは思えない得点力を武器に今シーズンは得点を量産している。

既にリーグでは12ゴール6アシストを記録している。

ハーランドの凄さはオーストリアリーグのみでの活躍に留まっていないところだ。

もともと攻撃的なスタイルで知られるザルツブルクにおいてチャンピオンズリーグでチームを牽引しているのだ。

ヨーロッパの舞台では何と4試合で6ゴールを決め、得点ランキングでは数多くいるスター選手を退けトップに立っている。

メガクラブも獲得に手を伸ばすことが予想されるまさに逸材である。

ハーランドであればハリー・ケインが離脱してもその代わりを十分に務めることができ、更に世界最高レベルのストライカーとともにプレーさせることで大いなる成長も期待できる。

プレーだけを見るともはや若手の域から脱しているハーランドを射止めることができればクラブとしても長期的な戦略を築き上げることができるはずだ。

↑このページのトップヘ