プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: マンチェスターユナイテッド





マリオ・マンジュキッチの獲得をACミランとともに狙っているか(Tuttosport)



Embed from Getty Images


これまで多くのビッグクラブに在籍し、今はユベントスにいるマリオ・マンジュキッチ。

マンジュキッチは33歳となったが、マウリツィオ・サッリが監督となってからはほとんど試合に出ることができていない。

そのため移籍を検討しているという噂が絶えないが、現在ストライカー不足で悩んでいるマンチェスターユナイテッドが獲得に興味を持っているようだ。

また、ユベントスとは国内のライバルであるACミランも同様に彼の獲得を狙っている。

ロメル・ルカクアレクシス・サンチェスを放出した代償は大きく、早くもチームにフィットできるストライカーを求めている。

実力にそれほどの衰えはないマンジュキッチなだけに次に選ぶ移籍先が非常に注目されるだろう。



ネマニャ・マティッチが1月にも退団を希望か(Daily Mail)



Embed from Getty Images

チェルシー時代、ミッドフィルダーとしてすべてを持っていたと言っても過言ではないネマニャ・マティッチオレ・グンナースールシャール率いるチームで幸せではないようだ。

マンチェスターユナイテッドに在籍しているマティッチは今シーズン、プレミアリーグでわずか5試合の出場に留まっている。

クラブは怪我が原因で出場が不可能だと主張しているが本人は違う主張があるようだ。

早ければ1月にも退団を希望しており、移籍先の候補としてはボルシア・ドルトムント、ACミラン、インテル、ユベントスなどが挙がっている。

まだ31歳とまだまだ老け込むような年齢ではないため、環境を変えて新たなスタートを切ろうとしているのだろう。

プレミアリーグと同じようなインパクトを他のリーグでも与えられるのか、それも含めてこれからのマティッチの動向に注目しよう。


マンチェスターユナイテッドはレンヌに所属するエドゥアルド・カマヴィンガに興味か(L'Equipe)



Embed from Getty Images


マンチェスターユナイテッドはレンヌの17歳ミッドフィルダー、エドゥアルド・カマヴィンガに興味を持っている。

16歳という若さでレンヌでデビューしたカマヴィンガは今シーズンここまでリーグアンのすべての試合に出場している。

その活躍に目を止めたビッグクラブは数知れず、レアルマドリーやアーセナル、スパーズなども興味を持っていると言われている。

その中でバルセロナアトレティコマドリーはより強い興味を示しており、獲得に近づこうとしている。

そしてマンチェスターユナイテッドも彼らと同様に来夏にも獲得を狙っている。

レンヌは£26m程度のオファーが来た場合、夏に放出する意向と見られている。

アンデル・エレーラマルアン・フェライニらを放出したマンチェスターユナイテッドの中盤に新たな若き力が入るのだろうか。

マンチェスターユナイテッドはズラタン・イブラヒモビッチを連れ戻すのか(TuttoMercatWeb)




Embed from Getty Images

マンチェスターユナイテッドで53試合に出場し29ゴールを挙げたズラタン・イブラヒモビッチ

36歳にもかかわらずとてつもないパフォーマンスを発揮し、その後移籍したMLSでも化け物のようなプレーを見せ続けている。

次の移籍先が非常に注目されており、古巣であるACミランに戻るのではとも言われているがここに来てマンチェスターユナイテッドがズラタンを連れ戻そうとする動きがあった。

アントニー・マルシャルマーカス・ラッシュフォードを中心とした攻撃陣はイマイチ迫力がなく、ロメル・ルカクを売却してしまった今は新たな得点源が必要となっている。

その能力に一片の陰りもないことは確かだが再び悪童がプレミアの地へと戻ってくるのだろうか。



マンチェスターユナイテッドがアンドレ・オナナ獲得レースに参戦か(Daily Mirror)




Embed from Getty Images

ヨーロッパでも屈指のシュートストップ能力を持ち、昨シーズンはチャンピオンズリーグの舞台でも活躍したアヤックスアンドレ・オナナ。

スパーズPSGが彼の獲得を狙っていると言われている中、マンチェスターユナイテッドがオナナ獲得レースに参戦するようだ。

守護神ダビド・デヘアと新契約を結んだもののまだゴールキーパーの獲得を狙っているのだ。

オナナはエリック・テン・ハーグ監督の下で2022年まで契約を残している。


マンチェスターユナイテッドが来夏にもウィルフレッド・ザハを狙うか(The Sun)




Embed from Getty Images

かつてマンチェスターユナイテッドに在籍していたクリスタルパレスに所属するウィルフレッド・ザハはプレミアリーグでも随一のドリブラーへと変貌した。

多くのビッグクラブがザハのことを狙っているがネックとなるのがその移籍金だ。

エバートンが今夏問い合わせた際は£70mが必要であったため獲得を断念せざるを得なかった。

また、アーセナル£40mを用意し今夏獲得へ向かったが当然断られていた。

そこでマンチェスターユナイテッドは来夏の移籍市場で£70mを提示し本気でザハ獲得を目指すようだ。

前線の選手が必要な今多くの投資が必要となるだろうがかつてのクラブで帰還することになるのだろうか。

ついにスールシャールの解任へのカウントダウンが始まってしまうかもしれない。

ボーンマスに敗北し、順位は10位にまで落ちてしまった。

首位リバプールとの差は18あり、4位のチェルシーとも10差をつけられている。

明らかに今のままではチーム状況が上向きになることはない。

クラブは本格的にスールシャールの後釜探しに動かなければならない。

かつての名門復活には偉大な力が必要となってくるのだ。

そこで今回はスールシャール監督に代わる3人の有力候補たちを紹介しよう。

1.マッシリミアーノ・アッレグリ




Embed from Getty Images


イタリアの絶対王者、ユベントスで勝利に慣れすぎてしまった男。

アッレグリはユベントスでの素晴らしい時間を過ごしたのち、休養の期間を設けている。

まだまだ現場を退く様子は見せず、多くのクラブからアプローチを受けているはずだ。

戦術家としてチーム強化の方法を知っており、彼のやり方を実行するために幾ばくかの投資も必要になってくるだろうが必ず今の状況を改善させることができる。

英語も勉強しており、現地での仕事にもすんなり入れるはずだ。

ところが大きな障壁となり得るニュースが先日飛び込んできた。

ドイツ王者バイエルンの監督であるニコ・コヴァチ監督が解任されてしまったのだ。

フランクフルト相手に5失点を許す惨敗をしたとは言え、突然のことであり多くのクラブが驚いただろう。

確実にバイエルンはコヴァチの後釜としてアッレグリを狙ってくるはずだ。


2.エリック・テン・ハーグ




Embed from Getty Images

かつての名門であり、若きアヤックスをチャンピオンズリーグで準決勝の舞台にまで進めることに成功したまさに名将だ。

その目を奪われるような美しいサッカーと確実に相手を仕留める攻撃性、若いタレントを活かす能力は現段階でもトップクラスだろう。

マタイス・デ・リフトやフレンキー・デヨングら主力が引き抜かれたにもかかわらず、今シーズンはリーグで無敗のまま首位、チャンピオンズリーグのグループリーグでも首位に立っている。

スールシャールが目指している若い選手たちの台頭を実現できる人物であり、ダニエル・ジェームスやメイソン・グリーンウッドのような選手を羽ばたかせる助けになることができる。

仮に長期的なビジョンを持ち、クラブを再び栄光の位置へ戻すならテン・ハーグはベストな選択と言えるだろう。


3.マウリシオ・ポチェッティーノ



Embed from Getty Images


今のスパーズがあるのはこの男のおかげと言っても過言ではない。

若手を使いこなし、攻撃的なスタイルで一気にチーム力を増強しチャンピオンズリーグでは準優勝まで果たした。

6年目を迎えるスパーズではやや不調気味となってしまっている。

しかし、それはスパーズ側がポチェッティーノの求める選手の獲得ができないという事情もあるからだ。

マンチェスターユナイテッドの資金力が加われば彼の求める選手が集結することはまず間違いない。

更に彼はプレミアリーグを知り尽くしている。

戦術の幅があるのかは未だわかっていない部分ではあるが確実に結果へと繋げる力は持っている。

他のリーグから監督を引っ張ってくるよりは堅実な補強と言えるだろうが果たしてライバルクラブへ来るのかが疑問だ。

引き抜きの難しさやスパーズ会長のことを考えれば簡単ではないミッションということは明らかである。





1.全体的に緩い




Embed from Getty Images

低迷が続くマンチェスターユナイテッドの大きな特徴の一つだ。

マーカス・ラッシュフォードやアントニー・マルシャルらが今の攻撃の中核を担う必要があるが、どう見ても彼らはチームと上手く繋がっているようには見えない。

その原因が創造性のなさだ。

彼らは創造性を作り出すことよりも敵陣でチャンスを作り、何よりもゴールを決めることが仕事なのだ。

創造性がなく、ロメル・ルカクほどの脅威を与えられるわけではない2人を中心とした攻撃は非常に遅く、相手からすると対峙しやすいのだ。

ニューキャッスル戦では12本のシュートを放っているが、枠内はわずか3本だ。

中盤から創造性を生み出す動きやボールを持った際のビジョンが不可欠であり、それがないと今のダラダラとした雰囲気は続いてしまうだろう。

2.目立つ負傷者




Embed from Getty Images


マンチェスターユナイテッドはエースであるロメル・ルカクと出場時間が短かったアレクシス・サンチェスをインテルに放出した。

その結果ゴールのほとんどをマーカス・ラッシュフォードとアントニー・マルシャルに頼らざるを得ない状況を作り出してしまった。

そしてそのアントニー・マルシャルと中盤で大きな影響力を持つポール・ポグバは怪我で離脱してしまっている。

この2人の離脱は非常に大きな意味を持ち、主にマンチェスターユナイテッドの攻撃のクオリティを半減させてしまうのだ。

ただでさえストライカーが不足しているというのに前線をまだまだ若いマーカス・ラッシュフォードに任せるのは酷な話だろう。

ポール・ポグバは前述した創造性を生み出せる貴重な選手だ。

負傷者の多さはニューキャッスルを更に輝かせてしまう大きな要因だったのだ。


3.マシュー・ロングスタッフの素晴らしい一撃




Embed from Getty Images


マンチェスターユナイテッドを地獄の奥底まで叩き落したのは兄のショーン・ロングスタッフとともに試合に出場した19歳のマシュー・ロングスタッフだ。

この日、ニューキャッスルのヤングスターは攻守に渡って素晴らしい活躍をしていた。

そしてその活躍をより輝かしいものにした72分、カウンターから相手ゴールに迫り約20ヤードの位置から放った強烈な一撃は名手ダビド・デヘアをしても止めることができなかった。

マンチェスターユナイテッドからすると不運だっただろうか、それとも必然的な失点だったのだろうか。

どちらにせよ我々はまた新たな星がプレミアリーグに現れたと感じずにはいられない瞬間を目にしたのだ。

これまでの試合を見て、マンチェスターユナイテッドが4位以内に入れるという保証はあるのだろうか?

かつてイングランドで絶対的な力を持っていた赤い悪魔の姿はもはやなく、今夏にまた大金を費やして選手を獲得したものの課題はまだまだ多く抱えている状況なのだ。

冬、もしくは来年にも獲得に向かうことは濃厚である。

では、どのポジションを強化するのがチーム力向上につながるのだろうか。

今回はSportkeedaより、マンチェスターユナイテッドが強化すべきポジション3つを紹介しよう。


Embed from Getty Images


1.セントラルミッドフィルダー



アンデル・エレーラがPSGに去ってから中盤を強化できる選手はいなくなってしまった。

どうやらスールシャール監督にとってはスコット・マクトミネイが理想的な選択のようだが、攻撃面における貢献はわずかだ。

マティッチは遅く、昔の姿はとっくになくなっている。

本来ならフレッジが中盤における絶対的な存在となるはずであったが、今だに真価を見せられずにいる。

ポール・ポグバの移籍が濃厚な今、一刻も早く強力な中盤を獲得しチームの基盤を固めないと来季以降もかなり厳しい戦いを強いられることになりそうだ。

先日はウェストハムのデクラン・ライスが移籍をほのめかすような発言をしていたが・・・。


2.右ウィング



マンチェスターユナイテッドは夏の移籍市場で右ウィングの選手を獲得しない方針で決定した。

今シーズン、ロメル・ルカクの後を継ぐ存在として期待されているマーカス・ラッシュフォードは左であれば本来の力を出すことができる。

そしてダニエル・ジェームスは右でプレーすることが可能だ。

しかし、サウサンプトン戦で見せたようにダニエル・ジェームスは左で真価を発揮することができる選手だ。

そうなるとフアン・マタやジェシー・リンガードらを右に配置する必要があるがどうしても力不足感が否めない。

右サイドバックに強力なワン=ビサカを据えているため、攻撃面で爆発的な力を出すことができる選手がいればチームにとって大きな力となる。

3.アタッキングミッドフィルダー



ジェシー・リンガードが主に務めることになっているアタッキングミッドフィルダー。

攻撃的な位置で司令塔としてチーム操るにはリンガードでは難しいようにも思える。

経験豊富でまさに”10番”であるフアン・マタも印象を残すことが難しくなってきている。

ポール・ポグバであれば問題なく自らに課された仕事をこなすことができるだろうが、残念ながら長期的なオプションにはならないだろう。

マンチェスターユナイテッドはジェームズ・マディソンを買うべきだ。

レスターシティにおいて一貫性のあるプレーを見せ続け、チームのレベルを1段上に引き上げてくれる。


↑このページのトップヘ