プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: マンチェスターユナイテッド

アストンヴィラのジャック・グリーリッシュはここ数週間、ずっとスポットライトに当たっているような状態だ。

ジョン・マッギンが離脱したもののグリーリッシュは中盤でチームの得点源になりつつ全体を活性化させている。

この乗りに乗るグリーリッシュにはマンチェスターユナイテッドをはじめとする多くのクラブが近づいているとされている。

だが、グリーリッシュはマンチェスターユナイテッドに行っても自らのキャリアをより輝かしいものにすることはできないかもしれない。

そこで今回はジャック・グリーリッシュがマンチェスターユナイテッドに行くべきではない理由3つを紹介しよう。

Aston Villa




1.アストンヴィラにはリソースが十分にある




Nassef Sawiris (left) is one of the Premier League


アストンヴィラはかつてプレミアリーグで名門であったクラブだ。

近年は結果を残せてはおらず、現在もわずか7勝でリーグ戦17位につけており降格する可能性も十分にある。

しかし、彼らにはリーグを勝つためのリソースが十分にあるのだ。

サッカーにおいてお金はすべてではないが、お金の力で強くなったチームは幾多も存在する。

彼らのオーナーであるナーセフ・サウィーウスはプレミアリーグのオーナーの中で5番目にリッチであり、野心も十分にある。

ようやくブルーノ・フェルナンデスを確保したものの、マンチェスターユナイテッドはこれまで適切な補強をしてきたとはとても思えない。

ビッグネームを獲得できても活躍できずに1年で去ってしまっているのだ。

今グリーリッシュがマンチェスターユナイテッドに行くとアストンヴィラで見れたはずの夢が見れず、多少高い給料をもらうしかなくなるだろう。



2.移籍するならより良いオプションが存在する




A move to Manchester City to work with Pep Guardiola could be a more attractive option for Grealish


同じマンチェスターを選ぶならば青いチームを忘れてはいけない。

マンチェスターシティには昨シーズン国内3連覇を果たしたペップ・グアルディオラがいる。

攻撃を知らないオレ・グンナー・スールシャールと違い明確な哲学と実績を持つペップは選手の良さを引き出すことに長けている。

懸念すべきは出場機会だが、選手としてより成長できるのは間違いなくマンチェスターシティとなるはずだ。

また、過去にはスパーズも獲得を狙っていたこともあり現在ではスペインの二大巨頭、バルセロナとレアルマドリーも獲得に興味を示しているのだ。

移籍を選ぶならば彼には多くのオプションが存在することを覚えておく必要がある。





3.余計なプレッシャーを受けてしまう




Could Grealish cope inside Manchester United


今のマンチェスターユナイテッドは名門であることを思い出さなければならない。

アレックス・ファーガソンが去ってからチームは調子が上がらず、現在は8位に留まってしまっている。

今ではレスターシティやウルブズよりも劣ってしまっている。

彼らはスターを必要としており、ブルーノ・フェルナンデスはその始まりだ。

ここでグリーリッシュが加入してしまうと受けるべきではないプレッシャーまで受けてしまい、気持ちよくプレーすることが困難となる可能性がある。

ハリー・マグワイアがいい例だ。

ディフェンス史上最高額で加入したがチームの調子は上がっていない。

もちろん問題は別のところにも存在するが多くのコストがかかっているだけに批判は避けられない状態にある。

まだ年齢的にもステップアップを急がなくてもいいグリーリッシュはリンクづけられているマンチェスターユナイテッドへの移籍を考慮しなければならない。

今シーズンもチャンピオンズリーグ出場権を獲得するのが厳しくなっているマンチェスターユナイテッド。

アレクシス・サンチェスはともかくロメル・ルカクを放出した代償は大きく、チームは得点力不足に喘いでいる。

アントニー・マルシャルとマーカス・ラッシュフォードはそれぞれこれまでに7点と12点を記録しており、これからの成長を見越すと十分に戦力として計算できる。

さらにはここに新戦力の獲得もあり得る。

深刻なのは中盤である。

明らかに違いを作ることができるポール・ポグバと強度を保っていたスコット・マクトミネイが離脱してから完全に力負けしてしまっている。

フォワード2人に次ぐチーム内得点ランキングはダニエル・ジェームスの3点となっている。




ブルーノ・フェルナンデスはそのほとんどを解決できる




Manchester United are interested in the Portuguese midfielder and have approached Sporting Lisbon



以前より補強の噂が立っていたポルトガル代表でありスポルティングに所属しているブルーノ・フェルナンデス。


ブルーノ・フェルナンデスは仮にマンチェスターユナイテッドに加入したとしてどれほどの違いを作れるのだろうか。

結論から言うと今マンチェスターユナイテッドが抱えている問題の多くを解決できる選手になれる。

イメージしやすいのはリバプールに在籍していた頃のフィリペ・コウチーニョだ。

中盤におけるチャンスメイカーとなり、時には得点も期待できる。

そしてこの得点力はブルーノ・フェルナンデスの1番大きな特徴なのだ。

ポール・ポグバほどのクオリティを発揮できるかは未知数だが、彼の遠目からのシュートは多くのチャンスに繋がるはずだ。

ストライカー顔負けのシュート技術とセンス溢れるキラーパスを持つ彼は前線のフォワード陣と上手く絡んでいける。

また、現在マンチェスターユナイテッドは来夏限りでスパーズとの契約が切れるクリスティアン・エリクセンの獲得も狙っていると言われている。

しかし、エリクセンとブルーノ・フェルナンデスは似ているようで違うプレースタイルを持つ選手だ。

プレミアリーグでも屈指のプレーメーカーであるエリクセンは確実にチームのチャンス数を伸ばすことができ、フリーキックでの得点も期待ができる。

ところが中盤における得点力はあまりなく、マンチェスターユナイテッドの問題を根本的に解決することはできない。

プレミアリーグにおける活躍や移籍金の低さ、そして実際にその実力を見ている点を考慮するとエリクセンを欲しがる理由は十分に理解できる。

しかし、移籍の噂もあるポール・ポグバの代わりを務めながらチームの得点力を大きく引き上げるポテンシャルを持っているブルーノ・フェルナンデスの獲得はそれよりも大きな意味を持つことになるだろう。

今冬の移籍市場にはまだまだこれから注目したいところだ。

イヴァン・ラキティッチ。

あのシャビ・エルナンデスを以てして「バルセロナ史上最高の移籍の一つ」と言わしめるほどの実力者だ。

クロアチア代表としてワールドカップで準優勝も果たしたラキティッチはチームに溶け込むことが非常に上手い選手だ。

自ら黒子になることで周りの選手を引き立て、ピンチの際は体を張ってでも阻止しようとする。

かつてシャルケで天才的なゲームメーカーと言われていたが、現在はすべてを兼ね備えたミッドフィルダーとして攻守に貢献している。

そんなラキティッチには移籍の噂が絶えない。

マンチェスターユナイテッドは現在スパーズ、マンチェスターシティと強豪チームを撃破しトップ4入りを目指しているがそのために1月にも補強を行う必要があると言われている。

そこで今回はマンチェスターユナイテッドがラキティッチを獲得すべき理由を紹介しよう。


1.バルセロナでの状況



Rakiticć in the FC Barcelona v RCD Mallorca La Liga fixture


バルセロナは大金を叩いてアヤックスからフレンキー・デヨングを獲得した。

これでバルセロナに在籍している主力ミッドフィルダーはデヨング、アルトゥール、アルトゥーロ・ビダル、セルヒオ・ブスケツ、そしてセルジ・ロベルトだ。

ロベルトが右サイドで使われることが多いもののラキティッチにとって良い状況とはとても言えないだろう。

まだ31歳の彼は多くの出場時間を確保したいはずだ。

また、本人も新たな挑戦に前向きであるコメントを出している。

新たな環境で新たな目標に向かって歩き出すことは非常にいいことであり、クラブ側が魅力的なビジョンを明確にすればラキティッチの心を動かすことは容易だろう。




2.マンチェスターユナイテッドの中盤の状況



Manchester United midfileder Fred

マンチェスターユナイテッドの中盤は非常に危うい状況にある。

スコット・マクトミネイが何とか強度を保ってはいるものの創造性がまったく見られないのだ。

本来であればマンチェスターシティとの争奪戦に勝利し高額で獲得したフレッジが多くの役割を果たすはずだった。

しかし、未だに本領発揮とは言えないパフォーマンスに終始している。

追い打ちをかけたのがポール・ポグバの負傷だ。

唯一創造性を作り出すことができるポグバを失ったことで本格的に攻撃を作り出すテンポと守備におけるカウンターの阻止が難しくなっているのだ。

その両方を実現できるのがラキティッチだ。




3.ラキティッチのプレースタイル



Rakitić celebrates his stunning goal vs Argentina at the 2018 World Cup

ラキティッチはワールドクラスの選手であるが、それ以上にプレースタイルがマンチェスターユナイテッドにピッタリ合うはずなのだ。

彼の一番の特性としてハードワークが挙げられる。

それもただのハードワークではなく守備における強度を保ったまま行えるのだ。

どこに蓋をすればカウンターを阻止できるのか、逆に守備から攻撃への切り替えの際に有利な位置取りはどこなのか。

これらを試合中に常に考えながらユニフォームを泥まみれにできる選手なのだ。

また、攻撃においては若くスピードのある前線の選手を活かすことのできるボールを送り続けることができる。

さらにスールシャールが採用する4-3-3や4-2-3-1のシステムにラキティッチを組み込むことで隣でプレーするアンドレ・ペレイラやフアン・マタらの良さを引き出すことも可能だろう。

ポール・ポグバには移籍の噂のあるため経験豊富なラキティッチを冬の間に獲得することは彼らにとって非常に多くの意味を持つだろう。

スペインで多くのトロフィーを獲得した男の旅はイングランドで続くのだろうか。

1.マンチェスターユナイテッドは進化的で広大なサッカーを目指している




Manchester United v Tottenham Hotspur - Premier League

ポチェッティーノは若い人材を育てることに長けている。

そんな若い選手たちの持ち味の一つとして走力が挙げられる。

ポチェッティーノはスパーズを走るチームへと進化させ、前線から仕掛けるプレッシングを大きな武器としたのだ。

その結果ストライカーであるハリー・ケインやゲームメイカーのクリスティアン・エリクセンまでもがかなり走行距離を記録することとなった。

現在のマンチェスターユナイテッドのメンバーはほぼ全員がカウンター向きと言える。

スピードと相手を躱す能力が高いマーカス・ラッシュフォードとアントニー・マルシャル、さらにはダニエル・ジェームスが加入したためカウンターの破壊力は増すに違いない。

その他優秀な選手がアカデミーに在籍しているため、ポチェッティーノは機を見て彼らをトップチームに組み込むはずだ。

ピッチを広く使い、それでいて前線から攻め込むスタイルのサッカーを植え付ければ必ずマンチェスターユナイテッドは生まれ変わる。

それにスパーズよりも使える資金も多く、彼の望む選手を獲得することが可能だ。



2.若い選手を育ててきた実績



Manchester United v Tottenham Hotspur - Premier League

ポチェッティーノにはハリー・ケインに始まり、デレ・アリやハリー・ウィンクスなどを育ててきた実績がある。

マンチェスターユナイテッドにはメイソン・グリーンウッドらスター候補選手が多数在籍しており、彼らは覚醒するためのヒントを欲している。

プレミアリーグで多くの若手をトップレベルにまで引き上げてきたポチェッティーノならば彼らに与えることができる物は多いはずだ。

決して層が厚いとは言えない現在のマンチェスターユナイテッドのトップチームではアカデミーの選手がスタメンの座を奪おうと思っていても不思議ではない。

そうするとチーム内での競争力も更に上がり、結果的にチーム力も大きく上がるだろう。

短期的で結果も出すことができ、長期的なチーム作りも見込めるこれ以上ないオプションだろう。




3.資金力が豊富



Manchester United v Paris Saint-Germain - UEFA Champions League Round of 16: First Leg



スパーズのダニエル・レヴィ会長は金に非常に厳しいことで有名だ。

簡単に資金を投入することをせず、利益を優先するからだ。

これも経営者としては当然の判断だろう。


マンチェスターユナイテッドにはスパーズとは比べ物にならないほどの資金力が存在する。

近年のポール・ポグバやアンヘル・ディマリア、ハリー・マグワイアなど大金を投じて獲得してきた派手な移籍市場での動きを見れば一目瞭然だ。

ポチェッティーノにはスカウティングの目はあるが選手の獲得に至らなった…。

このようなことがスパーズであったとしたら、それは大きな問題だ。

監督が望む選手を連れて来ることができないことは非常にフラストレーションが溜まる話だろう。

マンチェスターユナイテッドではそのようなことは起きない。

若手のみではなくワールドクラスを適正価格で獲得することができればポチェッティーノの望むチームが出来上がるだろう。

ブランド力もあるマンチェスターユナイテッドでの仕事はポチェッティーノの力が最大限発揮されると言っても過言ではないだろう。






マンチェスターユナイテッドのストライカー不足は非常に深刻だ。

マーカス・ラッシュフォードとアントニー・マルシャルの両名は優れた才能の持ち主であり、決して誰も彼らの力を疑ってなどいない。

しかし、ロメル・ルカクとアレクシス・サンチェスの放出は予想以上に痛かっただろう。

違うオプションをチームに提供できず、リーグの順位も上がらずに不調から脱することができない。

そこで彼らは新たな血を入れようとしている。

2人のストライカーに新戦力を加えることによって大きな化学反応が起こることを期待しているのだ。

今回はSportkeedaよりマンチェスターユナイテッドが狙うストライカー候補3人を紹介しよう。


1.アーリング・ハーランド




Embed from Getty Images

今をときめくザルツブルクの超新星だ。

この19歳は既に今シーズン26ゴール18アシストを記録しており、多くのクラブから興味を引いている。

欧州においてはあのロベルト・レヴァンドフスキと同等のレベルで得点を量産していることになる。

さらに彼は国内だけではなくチャンピオンズリーグで欧州の舞台でもしっかりと結果を出しているのだ。

それもナポリやリバプールといったトップレベルのクラブを相手にしながらだ。

マンチェスターシティも彼の獲得を狙っているという噂があるが、マンチェスターユナイテッドとしては確実に仕留めたいスターのはずだ。

ノルウェー出身であることからオレ・グンナースールシャールとの関係も問題はないように見える。

しかし、本人がはっきりとマンチェスターユナイテッドへの移籍を否定していたのが気がかりか。


2.ラウタロ・マルティネス




Embed from Getty Images

インテルで今シーズン8得点を記録しているラウタロ・マルティネス。

以前よりそのポテンシャルは評価されており、マウロ・イカルディがPSGに去った今シーズンは非常に心地よくプレーできているように見える。

ラウタロの特徴は何と言ってもそのハードワークさである。

アントニオ・コンテも認める彼のハードワークはすべてチームのための行動であり、今シーズンは得点という形でもしっかり貢献している。

その活躍を見てバルセロナがルイス・スアレスの後釜としてほしがっているという報道もあるほどだ。

安定してヨーロッパの舞台で試合に出ることができるのはバルセロナであり、南米人が多く在籍するラリーガは彼にとって魅力的だろう。

それにアントニオ・コンテが彼を喜んで放出するとはとても思えない。

ラウタロ獲得までの道のりは非常に厳しくなりそうだ。


3.ハリー・ケイン




Embed from Getty Images

夢の方な補強だ。

プレミアリーグで結果を出し続け得点王を2回獲得している完璧なストライカーだ。

毎シーズン得点ランキングで上位に位置しており、プレスバックやスペースを空ける動きも抜群である。

長距離からのシュートも非常に強力であり、まさにストライカーに必要なすべてを持っているハリー・ケイン。

監督であるマウリシオ・ポチェッティーノが解任されたことはマンチェスターユナイテッドにとって吉と出るだろう。

彼を慕っていた選手たちが多くいるのは事実だからだ。

その一人がハリー・ケインならばマンチェスターユナイテッドにも獲得できるチャンスは十分にある。

彼を魅了する年俸とクラブが目指すべき場所を示すことができれば来夏にもケインは赤いシャツに袖を通しているかもしれない。




↑このページのトップヘ