プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: アーセナル

ついにウナイ・エメリが解任され、後任にはクラブOBであるミケル・アルテタが就任した。

若干の風向きは変わったとはいえリーグ戦の順位は悲惨であり、かつてのビッグクラブの面影は取り戻せてはいない。

それもそうだろう。

ミケル・アルテタの戦術が浸透していない状況や選手層の問題があるからだ。

これから未来に向けてアーセナルは再びビッグクラブとして輝く準備をしなければならない。

そのために彼らにはいくつか必要なものがある。

今回はアーセナルが復活するために必要は3つの事を紹介しよう。


1.ヨーロッパリーグで優勝する



Unai Emery

彼らにはタイトルが必要だ。

現在のリバプールを見てもわかるように大きなタイトルは選手やスタッフたちにとてつもない自信を与えてくれるのだ。

リーグ戦は既にリバプールの独走が始まっており優勝を目指すのは現実的ではない。

それならばヨーロッパリーグで王者に輝くのが一番手っ取り早く、即効性のある薬となる。

もちろんヨーロッパリーグにも強豪は出場しており、優勝を目指すのはそう簡単なミッションではない。

だからこそキャプテンがトロフィーを掲げる瞬間は何よりも価値のあるイベントとなるのだ。

まずはタイトル。

そこから彼らは自ら復活への道のりを描くことができるはずだ。


2.トップ4でフィニッシュする




Can Arsenal break back into the top 4?


多くの選手がチャンピオンズリーグに出場したいというのは当たり前の感覚だ。

最高峰の舞台で自らの価値を示し、さらには1つしかないトロフィーを掲げることは未来まで語り継がれる誇りとなるからだ。

チャンピオンズリーグの出場権を逃すということはクラブの収益が減るだけでなく、野心を持った選手の流出はもちろん獲得も難しくなってしまう。

アルテタはペップに認められるほどの指揮官だが、監督としての経験はゼロであり補強というアシストがなければ彼も頭を悩ますに違いない。

チャンピオンズリーグ出場権内である4位以内でフィニッシュすればすべてが明るくなるはずだ。

既にリバプール、レスターシティ、マンチェスターシティは4位以内が濃厚であり残る1つの枠をマンチェスターユナイテッドやスパーズ、ウルブズらと争うことになる。

幸か不幸か、これらのライバルを打ち崩して4位以内に入れば確実に彼らにとって大きな自身にも繋がるだろう。


3.バックヤードでのアシスト



Arteta must be fully backed by the board for success to return to Arsenal


ユルゲン・クロップにはペピン・リンダース、ペップにはミケル・アルテタ、モウリーニョも今回のスパーズ移籍で優秀なコーチ陣を呼んでいる。

監督1人だけでは状況を変えることは非常に難しい。

アルテタにはこれまでの名将たちのようにバックヤードでの助けが必ず必要となる。

それはコーチだけでなく、フロント陣による選手の獲得も意味する。

脆弱な守備陣を立て直すために必要なセンターバックの補強、強度を高めるためのミッドフィルダー。

これらの選手が揃って初めてチームとしての戦術が機能するのだ。

本気でアーセナルを復活させたいと思っているのならばクラブが一体となってアルテタを助けなければならない。

多くのクラブが犯している「短期間での解任」という決断を下してしまえばいつまで経っても状況は変わらないだろう。

今冬、そして来夏での移籍市場における動きにはぜひ注目しておきたい。

ついにアーセナルのミケル・アルテタ政権が始まった。

監督経験のないアルテタだけに長期的なプランで計算したいところだろうが、それには補強が欠かせないはずだ。

チームのスカッドを見返してみると補強すべき箇所は多くあり、簡単に変えられるものではないだろう。

そこで今回はミケル・アルテタ就任のアーセナル、獲得すべき5人のターゲットを紹介しよう。


Arteta is taking on his first managerial role at the Emirates



1.ダヨ・ウパメカノ-RBライプツィヒ



Upamecano is seen as one of Europe



RBライプツィヒで高い能力を示し続けているダヨ・ウパメカノ。

比較的若い選手で構成されているRBライプツィヒであるが、センターバックというポジションはやはり年齢とともに経験が必要になってくる。

しかし、ウパメカノは10代のころからチームの守備の要となっておりまるで経験豊富な実力者のようなプレーができる選手だ。

対人に滅法強く、足元の技術も高いレベルで備えているため完全なる次世代センターバックとして期待されている。

アーセナルの守備は相変わらず脆いままであり、今後を見据えるならウパメカノのような若く実力のある選手を主軸にする必要がある。

ただ、移籍金はかなり高くなるとみられており現在ブンデスリーガで首位を走っているRBライプツィヒから移籍する理由はほぼ無いに等しいと言える。



2.ネイサン・アケ-ボーンマス

Ake has been superb for Bournemouth since joining from Chelsea in 2017

既にプレミアリーグに慣れているネイサン・アケは確実に計算ができる選手だ。

チェルシー出身のアケは期待されながらもボーンマスへと完全移籍してしまった。

ボーンマスではソリッドな守備に加えて高い攻撃センス、そして左サイドバックとセンターバックをこなす器用さを見事に発揮している。

質、量ともに足りていないアーセナルにとってはかなりありがたい存在になるはずだ。


3.サンドロ・トナーリ-ブレシア



Tonali has been linked with some of Europe


ネクスト・ピルロとして期待されている19歳のサンドロ・トナーリ。

グラニトジャカに移籍の噂がある以上中盤でゲームを作ることができる選手は必要なはずだ。

既にユベントスやレアルマドリー、バルセロナまでもが獲得を狙っているトナーリはもはや19歳とは思えないプレーを披露しておりビッグクラブに行っても十分に活躍できるだけのクオリティを備えている。

争奪戦になるのは明らかであり射止めるにはかなりの準備が必要となりそうだが…。



4.カイ・ハヴェルツ-レヴァークーゼン



Havertz has taken over Ozil

1月の移籍市場で退団する可能性がある選手としてメスト・エジルが挙げられる。

いろいろな問題があったとはいえ、チーム最高額の週給を受け取っているだけのことはあるパフォーマンスを見せてくれる。

ゲームを作ることに長け、ここぞというときには一撃必殺のキラーパスですべてを無力化する。

レヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツは若干20歳ながら最も期待されている若手の1人として多くのメディアに取り上げられている。

昨シーズンに17ゴールを決め既に同じドイツ人選手であるミヒャエル・バラックやトニ・クロースと比べられている。

ハヴェルツならばエジルが現在行っているタスクを負うことも可能であり、さらに多くのものをクラブに与えることもできるはずだ。

年齢も若くこれからを見据えるならば獲得しておきたい逸材だ。



5.ウィルフレッド・ザハ-クリスタルパレス


Zaha came close to leaving Palace in the summer

アーセナルは大金を投じてリールからニコラ・ペペを獲得した。

同じプレミアリーグのウィルフレッド・ザハではなく。

結果的にペペは未だにチームにフィットすることができずにいる。

ザハはリーグ屈指のドリブラーとして脅威になり続けており、年齢的にもこれから全盛期を迎えるはずだ。

ザハ自身はアーセナル移籍を希望していたと伝えられており、クラブが納得するだけのオファーを出せばこの取引は実現する。

確実にチーム力をアップしたければぜひ手中に収めておきたい実力者だろう。

まもなく冬に移籍市場が開かれる時期になる。

一般的に冬の移籍市場は非常に難しいと言われている。

クラブ側は主力をシーズン途中で放出するわけにもいかず、移籍金は必然的に増えてしまう。

そんな中、アーセナルは低迷する現状から脱するために冬に移籍市場で動く可能性がある。

もちろん、多額の資金の投入も覚悟しなければならないだろう。

そこで今回はアーセナルの冬の移籍市場における最高の獲得劇を紹介しよう。





1.アンドレイ・アルシャビン




Andrey Arshavin was responsible for some great moments at Arsenal


£15mでゼニトから獲得されたアンドレイ・アルシャビン。

リバプールでの4ゴールがあまりにも衝撃的だった男だ。

怪我によりフォームを崩してしまったがその後もリバプールやバルセロナ相手に貴重なゴールを挙げ、結局アーセナルでは144試合に出場し31ゴールを記録した。

アーセナルのみならず近年のプレミアリーグで最も成功したロシア人プレーヤーだろう。




2.エマニュエル・アデバヨール




Emmanuel Adebayor scored 62 goals for Arsenal during his time there


エマニュエル・アデバヨールはアーセナルファンからするとペルソナ・ノン・グラータだろう。



力強いプレースタイルと体格を持つアデバヨールは2006年の冬にモナコから移籍し、残りのシーズンで13試合に出場、4ゴールを挙げた。

その後も調子を保ちつつ2007シーズンにはプレミアリーグで24得点、すべてのコンペティションでは48試合に出場し30ゴールを記録するという活躍を見せたのだ。

アーセナルを去ってからは色々あったが、確実に冬の移籍市場における成功例の1人と言えるだろう。



3.ピエール・エメリク・オーバメヤン



Pierre-Emerick Aubameyang has become an Arsenal hero


ドルトムントで活躍していたオーバメヤンを引き抜いたことは大きな意味を示した。

その後彼はプレミアリーグで最も一貫性のあるストライカーの1人として現在もトップレベルでプレーしている。

当時のクラブレコードである£56mでの獲得であったが今の活躍を見ると納得できる金額だろう。

昨シーズンにはサディオ・マネとモハメド・サラーと並んでゴールデンブーツ賞の獲得もした。

アーセナルファンであれば再び同じことが起こることを期待しているはずだ。

ただ、現在のチーム状況では監督が正式に決まらない限りは補強戦略も難しい。

冬ではしっかりと監督を決め、確立された戦略の下で補強を成功させることが彼らにとってベストな運び方となるだろう。

1.ダビドルイス



Arsenal


チェルシーから突如獲得が発表された経験豊富なベテランセンターバック。

彼の足から放たれるキックの精度は素晴らしいが守備が相変わらず安定していないのだ。

また、長期的なプランにもならず現在のチームの守備を改善できていないことからファンをがっかりさせている1人だ。

グーナーの多くはダヨ・ウパメカノの獲得を熱望していたとされているが完全に裏切られた形となってしまった。



2.ソクラテス・パパスタロプーロス



Arsenal versus Crystal Palace ended 2-2


ミスリンタートが連れてきたソクラテス・パパスタロプーロス。

屈強なセンターバックである姿は過去のものだろうか。

ダビドルイスがボールの扱いと空中戦に強いという特徴を未だに持ち続けているところは評価できるところだ。

しかし、ソクラテスは残念ながら評価に値する能力をほとんど失ってしまった。

チームの状況のせいなのか、本当に衰えたのか。

前者ならばこれから復活する可能性はあるが現時点において多くの人を失望させていることは間違いない。



3.ニコラペペ



Nicolas Pepe in a UEFA Europa League fixture


サッカー史上で見ても上位に位置される移籍金で獲得されたニコラペペ。

資金が限られていたアーセナルは上手く分割払いでの獲得を成功させたが、ここまでその価値があるとは言えない働きに終始している。

確かにドリブル能力は高く、1対1での場面ではまるでウィルフレッド・ザハのような巧みさを見せてくれる。

しかし、いくらドリブルが上手くともチームに還元できていなければ全く意味はないのだ。

得点力に欠け、味方を上手く使えないペペは明らかにアーセナルの攻撃を停滞させている。

早く一貫性を手に入れ意図のあるプレーを見せなければアーセナルでの旅が終わる可能性は高くなるだろう。



4.メスト・エジル




Mesut Özil in action against Norwich City


天才クリエイターであるメスト・エジルもサポーターをがっかりさせている1人だ。

アシストランキングで常に上位に位置し、見る者すべてを魅了する彼のプレーは既に枯れてしまったのだろうか。

さすがとしか言いようのないプレーを見せてくれる時もあるが、果たしてアーセナルで最高給を受け取るにふさわしいかと聞かれると非常に微妙なところである。

結果を見てもブライトン戦で生み出した1ゴールのみなのだ。

これまで彼を見てきたサポーターたちの中にはかつての姿を見たいと思っている人もいるはずだが…。

ウナイ・エメリが解任され、クラブOBであるユングベリが暫定監督としてと率いているアーセナル。

しかし、この悪循環からはなかなか抜けられそうにない。

先日の解任直後のリーグ戦でも降格圏に沈むノリッジシティ相手にドローという結果に終わった。

それも内容はノリッジシティが圧倒しており、ベルント・レノの活躍がなければ惨敗していてもおかしくはなかった。

その課題を解決すべく次の監督として候補に挙がっているウルブズ指揮官、ヌーノ監督はアーセナルにとって良い選択肢なのだろうか。

今回はヌーノ監督がアーセナル指揮官にピッタリなのか否かについてポイントを抑えながら説明してみよう。



1.ヌーノのスタイル



Sporting Braga v Wolverhampton Wanderers: Group K - UEFA Europa League

ヌーノ監督は現在のウルブズで非常に面白いチーム作りをしている。

堅守速攻を売りにしており、これまでの多くのジャイアントキリングを成し遂げてきた。

主に3-5-2や3-4-3を使い、両ウイングバックの動きが非常に重要となる。

相手を陣地内に閉じ込めるような左右からのプレッシャーにより、決して「ドン引いて守る守備」ではないのだ。

更にはこの両ウイングバックは多くのインターセプトを成功させ、攻撃面ではキーパスの提供もできてしまう。

つまりヌーノが現在のスタイルを貫き通すことを考えればサイドの選手が彼にとって非常に大きな存在となるのだ。

インターセプトの多さが物語る守備意識の高さは決してサイドの選手だけではない。

ストライカーであるラウール・ヒメネスを含めウルブズ全体が前から奪う守備意識を植え付けられているのだ。

良いディフェンダーが揃っているとは言えないアーセナルにとってこの守備意識の高さは現在の状況を大きく改善することができるものではないだろうか。

前線にはスピードのある選手が揃っており、サイドではエクトル・ベジェリンやキーラン・ティアニーなど強力なサイドアタックを完成させることができるだけのクオリティを持った選手たちがいる。



2.悪い状況も経験している



ヌーノはバレンシアを率いていた際に多くの事を経験した。

ラリーガで4位に入りこむなど良い結果を残し、ファンから信頼を得ることに成功していた。

しかし、成功はそう長くは続かなかったのだ。

13試合で5回の勝利という結果となり、徐々にサポーターや選手から求心力が低下していた。

そしてセビージャとの戦いを落としたことが決定打となり解任となった。

現在ウルブズではかなり良い結果を残しているヌーノだがあのバレンシアでの経験から多くの事を学んでいるはずだ。

また、あの頃のスカッドは非常に若く選手の質も今のアーセナルのほうが上であり彼のやりたいことを体現できるはずだ。

プレミアリーグがどのようなリーグなのかを理解し、戦術家らしい戦いを見せているヌーノ。

アーセナルであれば更に面白いチームに仕立て上げることができるだろう。




3.より良い選択肢が見つからない




結局行きつく先はこれである。

現在はクラブOBであるユングベリが暫定指揮官としてチームを率いているが監督としての能力があるかどうかは未知数である。

本来であればマッシミリアーノ・アッレグリやエリック・テンハーグ、マウリシオ・ポチェッティーノらが良いオプションに見えるがどれも現実的ではないのだ。

現実的な範囲でアーセナルにフィットする監督は現段階ではヌーノしかいないのである。

仮に上記に挙げた監督たちが前向きであったとしても守備が崩壊している現在のアーセナルをアッレグリやテンハーグが立て直せるのだろうか?

プレミアリーグに慣れる必要も考えると彼らのような名将よりも確実に結果を残せる監督のほうが信頼できるだろう。


↑このページのトップヘ