プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: チェルシー

フランク・ランパードが就任したチェルシー。

若手中心のチームへと一気に生まれ変わり、補強禁止処分が課されたにもかかわらずチームは好調を保っていた。

とりわけジョルダンやレンタルから復帰したタミー・アブラハムらの活躍には目を見張るものがあった。

しかし、日程が厳しくンってきた12月、チェルシーはエバートン、ボーンマス、サウサンプトン相手に黒星を喫している。

1月での補強が可能となっただけにここで適切な選手を迎え入れて再び4位以内を維持すべく調子を取り戻す必要があるのだ。

そこで今回は調子が落ちてきたチェルシー、1月に狙うべきターゲット3人を紹介しよう。

Chelsea have a huge test ahead and should turn to the transfer market for help



1.ベン・チルウェル



Chelsea need defensive reinforcements


今最もホットな若手の1人であるベン・チルウェル。

左サイドバックという簡単ではないポジションで攻守にわたってレスターシティの重要選手となっている。

チェルシーにはエメルソンとマルコス・アロンソが在籍しているがどちらもランパードの信頼を掴むことができていない。

セサル・アスピリクエタを左にし、右には期待の若手リース・ジェームスを持ってくる手もあるが本職を1人獲得しなければ長期的なチーム作りはできない。

その点においてもチルウェルはぴったりであり、激しくも攻撃的でこれからが楽しみなチェルシーにフィットする選手だろう。




2.ジェイドン・サンチョ




The attacker continues with his steady rise


ヨーロッパでキリアン・ムバッペとともに注目されている若きアタッカー、ジェイドン・サンチョ。

ドルトムントで衝撃的なパフォーマンスを続けており、とりわけそのドリブル能力にはベテランディフェンダーでも手を焼くほどだ。

しっかりと周りも見えており、それは彼のアシスト数にも表れている。

何よりも彼はまだ19歳なのだ。

伸びしろはたっぷりあり、若い選手で構成されているチェルシーに行けば同じ年代の選手らとともに刺激しあえることができるはずだ。

ウィリアンとペドロはベテランの域に入っており、退団も噂されるが彼らから盗むものも多くあるに違いない。

クリスティアン・プリシッチも獲得した今ならばサンチョを迎え入れれば完璧な前線の世代交代に成功する。



3.ウィルフレッド・エンディディ





Wolverhampton Wanderers v Leicester City - Pre-Season Friendly


プレミアリーグ最強のタックラー、ウィルフレッド・エンディディ。

2017年にレスターシティに加入して以来リーグ最強の守備力の持ち主へと成長したのだ。

チェルシーはジョルジーニョの使い方の幅を広げたいと考えており、さらに多くのタスクを課されているエンゴロ・カンテを開放すべく高い守備力を持った選手が中盤に必要だ。

ユーリ・ティーレマンスやジェームズ・マディソンらが攻撃に集中できているようにエンディディの恐るべき守備力があればカンテとともに守備の壁を築くことも可能であり、ジョルジーニョと組めば深いい位置で彼をゲームメイクに集中させることもできる。

より強力な中盤を持つことはチーム力が上がることを意味するため、エンディディの獲得は彼らにとって非常に大きな意味を持つだろう。


段々と調子と上げ、チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内にいるチェルシー。

そのチェルシーは現在若手が多く在籍しており、育成に定評のあるフランク・ランパード監督と見事に共鳴をしている状態だ。

その中で今シーズン傑出したパフォーマンスを見せているのがイタリア代表のジョルジーニョだ。

ジョルジーニョはナポリにいた頃から高く評価されており、マウリツィオ・サッリがチェルシーの指揮を執ってからすぐに獲得された。

サッリ政権では欠かすことのできない人物であったが監督がフランク・ランパードに交代となり、ジョルジーニョは移籍するのではないかと言われていた。

さらにはあのリオ・ファーディナンドも酷評したようにジョルジーニョには明確な弱点があり、シーズンを増すごとにそれが露呈していたのだ。

しかし、今シーズンはその弱点を克服するかのような動きを見せ最も一貫性のある選手として移籍の噂はどこへやら、すっかりスタメンに定着しているのだ。

そんなジョルジーニョは現在のチェルシーにとってどのような選手なのか、何が一体チェルシーを変えたのか。

彼の持つ凄さを紹介しよう。

1.テンポ作りの上手さが抜群




Embed from Getty Images

ジョルジーニョのテンポ作りの上手さはまさに一級品だ。

彼はパスで攻撃のリズムを生み出せる選手であり、代表的なボランチがすべき仕事をきっちりこなすことができる。

無駄に持ちすぎることがなくテンポよくボールを叩いてはまた自ら貰いに行き、味方を助ける。

俗にいう世間的には目立つことのない選手だが非常に気の利く選手なのだ。

今シーズンではこれまでフィルジル・ファンダイクに次ぐ多さのパスを供給しており、さらにはチャンスとなるスルーパスの本数は13本で1位となっている。

特筆すべきはパスを出すタイミングだ。

タミー・アブラハムへ出した超絶スルーパスが話題となっているが、ジョルジーニョは常に前線の選手を確認しながら中盤でリズムを作っている。

いわばただテンポよくボールを左右に散らしているのではなく、味方が欲しいと思うタイミングで欲しがっている種類のパスを出すことができるのだ。

比較的若い選手たちで構成されているチェルシーのスカッドはジョルジーニョの恩恵をこれでもかというくらい受けているだろう。


2.守備面を見直し弱点の克服へ



Embed from Getty Images


ジョルジーニョの体格はお世辞にも良いとは言えず、守備もそれに伴い決して上手いとは言えなかった。

いや、正確には広い範囲を任せられるほどの守備力を持っていないと表現したほうがいいだろうか。

ジョルジーニョ自身が持つ危機管理能力は非常に優れている。

守備面だけを見ると運動量などを含めエンゴロ・カンテのほうが何枚も上をいっているがジョルジーニョのそれは計算されており、必ず成功させられる守備を展開するのだ。


fabinoh


これはリバプールのファビーニョとの守備スタッツの比較だ。

驚くことにあれほどの砦となっているファビーニョよりも優れた数字をたたき出しているのだ。

ファビーニョは多少は無理が効くタイプであり、相手に逆をつかれたとしても長い手足を使ってボールを奪うことができる。

ジョルジーニョはそれができないため敵の位置などを把握しながらタックルを仕掛けているのだ。

サッカーIQの高さが顕著に表れている証拠だ。


3.意図をくみ取ることができる



Embed from Getty Images

ジョルジーニの活躍を見れば、もっとド派手に存在感を表すことができるサッカーを展開できるのではないかと思う人もいるのではないだろうか。

しかし、彼は決してそれをしない。

チームにおける自らの役割を理解しているからだ。

前述したようにジョルジーニョは目立つタイプではないが、それは彼が意図して行っているからなのだ。

チェルシーにはボールを運ぶことができるマテオ・コバチッチや前線で創造力を生み出すことができるメイソン・マウントらがいる。

そんな彼らのためにリズムを作り出し、提供することがジョルジーニョの最大の仕事なのだ。

チーム全体の意図をくみ取り、見事に溶け込んでいる彼は本当にプロフェッショナルだと言えるだろう。








多くの問題を抱えていたチェルシーはマンチェスターシティを追い抜き、プレミアリーグで3位につけている。

クリスティアン・プリシッチやマテオ・コバチッチらの獲得に成功したもののエースが移籍した影響は大きく、一時は降格すらあり得るのではという声も上がったほどだ。

しかし、フランク・ランパードは自らの路線を貫き若手を中心としたチーム作りを行っている。


その結果、ウィリアンらベテランとのバランスが非常に良くチーム自体も調子が上向きとなっているののだ。

かつてチェルシーは名監督の下、多くのトロフィーを獲得してきた紛れもないメガクラブだ。

マウリツィオ・サッリやエデン・アザールが去ったことにより昔の姿を取り戻すことを諦めたサポーターもいるだろう。

それを裏切り、この短期間で長期的なチーム作りを行い結果まで出すとは思いもしなかったはずだ。

それはやがてチェルシーが再び世界を支配することを示唆しているかのようだ。

そこで今回はチェルシーが世界を支配できる理由5つを紹介しよう。




1.ストライカー問題を既に解決している




Embed from Getty Images

世界を支配する時、そこには必ず最高のストライカーが存在する。

チェルシーは既にその問題を探す必要がなくなっているのだ。

アカデミー出身であり、ローンを経てプレミアリーグで結果を出しているタミー・アブラハムがいるのだから。

冷静に彼の能力を分析してもストライカーとして欠けている部分は何もない。

強いて言うならば経験くらいであろうか。

だが、他のクラブが大金を出して最高のストライカーを獲得しようとしている中で自前で既に抜群のポテンシャルを持った選手がいることは非常にポジティブなことだ。


2.アカデミーの選手が優秀




Embed from Getty Images

チェルシーのアカデミーはとても優秀な選手が揃っていることで有名だ。

しかし、近年は雑なローン移籍を繰り返すばかりで自前で選手を育てることをせずにいた。

その結果不満を抱えた選手たちは自ら他のクラブへの移籍を懇願する。

これが今までの流れであったが、フランク・ランパードが監督に就任したことによりいい方向へと向かいそうだ。

もちろん移籍禁止処分を食らっていたせいもあるが、リース・ジェームズ、メイソン・マウント、タミー・アブラハムなど多くのアカデミー選手をトップに引き上げチームに組み込んでいるのだ。

常に大金を使ってチームを強化することもとてもいいことだが、やがて限界が来てしまう。

ただでさえ移籍金が高騰している今の市場では良い選手を適正価格で獲得できなくなっている。

そこで強力なアカデミーを持っているチェルシーはたとえ大金が使えなくなってもチームの力が落ちることはないのだ。


3.ワールドクラスの中盤を持っている




Embed from Getty Images

チェルシーにはいつの時代も優秀なミッドフィルダーがいた。

選手時代のフランク・ランパードがそれを物語っているだろう。

今のチェルシーはエンゴロ・カンテ、ジョルジーニョ、コバチッチなど数こそ多くないもののワールドクラスと呼べる人材が揃っている。

特に今シーズンのジョルジーニョは嬉しい誤算ではないだろうか。

激しいランパードのサッカーに耐えらえるフィジカルを持っていないと批判されながらも持ち前のパスセンスを駆使し、若きチームを大いに助けているのだ。

それだけではなく、自らも守備面を改善しようと試みているのはスタッツからも読み取れる。

そこにマケレレクラスと呼ばれるエンゴロ・カンテがいることは非常に心強いはずだ。

この2人のスーパーミッドフィルダーはこれから全盛期を迎える年齢であり、若き選手たちの成長と上手く噛み合いながらチームをより強力なものへと仕上げていくだろう。


4.経験と若さのブレンドが完璧




Embed from Getty Images

オリヴィエ・ジルー、ウィリアン、ペドロ、セサル・アスピリクエタといった主力選手は30歳を超え、ベテランの域に入っている。

若干の衰えがある選手もいるが、彼らの経験は試合の中で顕著に表れている。

近くでプレーするハドソン=オドイやメイソン・マウントらの若手はその姿を見てどう思うだろうか。

長年世界のサッカーを引っ張って来た素晴らしい選手と共にプレーできるのは彼らにとって何物より変えられない宝のはずだ。

しっかり学び、自らのモチベーションが下がっている時はプレーで正しい道を示してくれる。

そういった完璧な経験を持つ選手とポテンシャルを持つ選手のブレンドが完璧にできているのだ。

ランパード監督は若いチームを好むだろうがそれでも経験を持つ選手らを見捨てなかったのは見事な手腕と言えよう。

成長の余地しかないチームに仕上がりかけているのだ。


5.かつてのチェルシーの雰囲気が戻りつつある




Embed from Getty Images

チェルシーのイメージとはどのようなものか。

おそらくディディエ・ドログバらを中心とした破壊力ある攻撃とフランク・ランパード、ジョン・テリーなどピッチ上での存在感が抜群のスター選手が入り混じった「とにかく強い」チームではないだろうか。

かつてタイトルを勝ち取り、いくつものトロフィーを掲げてきたチェルシーの姿が今戻ってきているのではないだろうか。

ただの雰囲気だけではない。

シーズン前半を終わろうとしている現在、チェルシーは3位につけており直近の試合を見ても完全に勝ち癖がついている。

仮に若手らしいミスが続いてしまいここから失速したとしても彼らの影に感じるのはあの頃のチェルシーそのものなのだ。

そして自分たちがどれほど強く、どれほどのトロフィーを勝ち取ってきたのかをよく知るフランク・ランパードが監督を務めている。

さぁ、レジェンドの下でもう一度輝こう。

再び世界がチェルシーに恐れおののく日もそう遠くはないだろう。

チェルシーは今冬にも£150mもの金額を使って選手を獲得か(The Sun)



Embed from Getty Images

チェルシーは若手の選手獲得の際にFIFAのガイドラインに違反したとして、補強禁止処分を受けてしまった。

それにより、エースであるエデン・アザールの後釜も上手く獲得することができずローンで加入していたマテオ・コバチッチの完全移籍と冬に交渉を完了させていたクリスティアン・プリシッチらに補強はとどまっていた。

しかし、フランク・ランパード監督はアカデミーの選手を使いこなし今のところチャンピオンズリーグ出場権内に順位を置いている。

その補強禁止処分がまもなく解けるため、チェルシーは今冬にも大型補強を試みるようだ。

その額は£150mにもなると言われており、ベテランの域に入ったペドロとウィリアンの後釜の確保もすると見られている。

若手の育成の腕は確かと言われており、見事にそれを証明してみせたランパード監督はこの補強で再びチェルシーを栄光へと導くことはできるのだろうか。


チェルシーはティモ・ヴェルナーとウィルフレッド・ザハを狙う?(The Express)



Embed from Getty Images


チェルシーは以前にも興味を示していたと言われているライプツィヒティモ・ヴェルナークリスタルパレスウィルフレッド・ザハの獲得を今冬にも狙うようだ。

フランク・ランパード監督は30歳を迎えたペドロ、ウィリアンの両翼に加えて更に若い選手によるオプションを増やしたいと考えている。

彼らが狙うのはリバプールやマンチェスターシティの位置であり、そのための競争力をつけるために必要な2人が彼らだ。

ヴェルナーはブンデスリーガで結果を残し続けており、そのプレースタイルもランパード監督が目指す攻撃的なスタイルにフィットすると言われている。

ザハは既にプレミアリーグでその実力を証明しているためフィットするか否かの心配はないようだ。

ついに莫大な資金を用いて選手獲得ができるようになったチェルシーだが移籍市場で再び世界を驚かせるような取引を見せるのだろうか。

チェルシーはメガクラブたちが狙っている10代のブラジル人獲得レースに参戦か(Gazetta dello Sport)



フラメンゴに所属する17歳のライトナーは今シーズン既に10試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。

U-17のレベルでは別格であり、アタッカーとしてチームの攻撃力を引き上げることのできる逸材とされている。

フラメンゴはこの逸材に£53mものリリース条項をつけている。

にもかかわらず、チェルシーは何としてでもライトナーを手中に収めたい考えのようだ。

他にもレアルマドリーアトレティコマドリー、そしてPSGまでもライトナーの獲得を狙っているとされている。

ランパード監督が育成している若手を見ればチェルシー行きを決断する可能性は高いと思われるが他のメガクラブも追い続けるはずだ。

補強禁止処分にエースの移籍、更には監督交代と多くの出来事が起こったチェルシー。

このままではろくに選手も補強ができず、監督もクラブのレジェンド、フランク・ランパードを招聘したものの経験不足であることから順位を著しく落とすのではと思われていた。

しかし、チェルシーのアカデミーが世界でも有数の「逸材輩出所」だということを忘れていないだろうか。

ランパードは次々とアカデミーの選手を起用し、選手たちもその起用に応えている。

その結果現在プレミアリーグで最もエキサイティングな試合を展開するチームの一つとなっている。

そこで今回は今シーズン、チェルシーで最も輝いている3名を紹介しよう。


1.メイソン・マウント




Embed from Getty Images

チェルシーにおけるキープレイヤーだ。

昨シーズン、チャンピオンシップでフランク・ランパードと共に時間を過ごしたメイソン・マウントは今シーズンも同じく重要な役割を与えられている。

元々攻撃的なポジションを主戦場とし、常にゴールを狙う姿勢が評価されていたマウント。

今シーズンは既に4ゴール1アシストを記録しており、シュートも平均2.4回放っている。

それだけでなく、19回のリカバリーに加え、33.2回のパスを記録、82%を成功させている。

もはや攻撃ではなく、チームにとって攻守ともに欠かせない選手となっているのだ。

シーズン前からメディアの注目を浴び、ランパードからも絶大な信頼を得ていたマウントだが見事にその期待に応えることに成功している。


2.タミー・アブラハム

br />

Embed from Getty Images


アストンヴィラで爆発的な得点力を見せ、チェルシーにおいても継続しようとしているタミー・アブラハム。

セルヒオ・アグエロやモハメド・サラー、ハリー・ケインらスター選手が揃うプレミアにおいて臆することなくプレーし、得点ランキングでは得点王を十分に狙える位置につけている。

3.1回ものシュート数を記録し、そのうち2.6回はエリア内からである。

また、柔らかな足元と正確なシュート精度に加えてアブラハムには空中戦という強みもある。

今シーズン32回の空中戦勝利という数字はそれをしっかりと表している。

まさに弱点のないいくつものパターンから得点ができる完璧なストライカーである。


3.ジョルジーニョ




Embed from Getty Images


サッリボールの中心人物であったジョルジーニョはフランク・ランパード体制で姿を消してしまうと思われていた。

ランパードが好む攻撃的なスタイルに強度が足りないことが明白であったからだ。

しかし、エンゴロ・カンテが離脱してからジョルジーニョの活躍には目を見張るものがある。

チェルシーのベストプレーヤーではないかもしれないが最もいい意味で期待を裏切った選手だ。

4.1回のタックル数は昨シーズンの3.4回よりも増加しており、2.5回のタックス成功数も昨シーズンの2.1回より増えている。

そう簡単に守備面での改善を図ることはできないはずだが、まさにジョルジーニョ自身の努力がこの結果に繋がったと言えるだろう。

そして彼が元々持ち合わせている驚異的なパス能力にランパードは助けられている。

その正確無比な供給でチームの攻撃は活性化しており、アブラハムら前線の選手がより多くのシュートを放てるようになったのもジョルジーニョの供給があってこそである。

まだまだこれから選手としてのピークを迎えるジョルジーニョはランパード体制のチェルシーにとって大きな存在となるだろう。

↑このページのトップヘ