プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

カテゴリ: リバプール

南野拓実がリバプールへ移籍し、リーグ戦でもデビューを果たした。

しかし、期待されていたパフォーマンスはできておらずメディアの評価は徐々に厳しくなってきている。

今回は南野拓実がリバプールにおいて期待通りの戦力となれるか否かについて説明しよう。




最高の手本であるロベルト・フィルミーノとの違い




ロベルト・フィルミーノはおそらく南野拓実にとって最高のお手本となる選手だろう。

しばしば過小評価されているフィルミーノの役割は非常に重要でありチームを支える大きな柱となっている。

ではそんなフィルミーノと南野拓実の違いは何だろうか。

それはポジショニングのセンスだ。

ビルドアップを行う際に味方が欲しいタイミングで見事にボールを引き出すことができる。

両翼を務めるサディオ・マネとモハメド・サラーは中央にスペースが空くため非常にプレーがしやすいはずだ。

南野の場合はディボック・オリギらとポジションが被ることが多く、ボールを受けても前を向けずにそのまま返してしまうシーンが非常に多かったのだ。

これでは中盤やセンターバックはパスが出しづらく、結果的に攻撃を停滞させてしまう大きな原因となるのだ。

さらにフィルミーノは収まりが非常によく、その後も時たま見せる遊び心のあるテクニックを駆使しながら1人、2人と簡単にマークを剥がすことができる。

それに加えてあのパスセンスだ。

現在のプレミアリーグで最もプレースピードが速いチームの一つであるリバプールでそのような役割を演じることができるのはまさに天才としか言いようがない。

また、フィルミーノの場合は判断力が素晴らしく良い。

簡単に両翼にパスを出して速攻を進める場合と自らボールを溜めてサイドバックを有効に使う場合、さらには中盤からの飛び出しをサポートする場合など状況を瞬時に理解しそれに合ったプレーを高レベルでこなすことができる。

センターフォワードで起用されるならばまずはボールの引き出し方を理解する必要がある。




それでも垣間見えた南野のポテンシャル




もちろん試合中に目立ったのは悪いところだけではない。

ユルゲン・クロップをはじめ多くの評論家も評価しているのが守備面だ。

ロベルト・フィルミーノは攻撃だけではなく、プレスバックからの素早いボール奪取を非常に得意としている。

加入当初は南野もピッチ上で”迷子状態”になることが多かったが、先日の試合では警告を受けるほどの激しい寄せや見事なプレスバックからボールを奪っていた。

プレミアで継続するためには当たり負けしないフィジカルがもう少し必要となるが、1カ月も経たないうちに自らが何をすればいいのかを理解し始めている。

チームのスピードに慣れてくると持ち前の献身性を有効に使うことが可能となり、少なくともチームと連動した守備が淀みなく行えるはずだ。

また、南野が幸運なのは最高のお手本であるフィルミーノがいるということだ。

多くの選手は他の選手から技術を盗み、それを自分のものにして昇華させている。

貪欲さが垣間見える南野ならば自らのレベルをワンランク上げるための努力を怠ることはないはずだ。

まだまだ加入したてで焦ることはなく、来シーズン以降のチームにとって重要な選手になれることを願おう。


シーズンここまでリーグ戦無敗、そしてその無敗記録はついに昨年から続いて1年間を突破。

もはや完璧と言わざるを得ないまでのレベルにまで成長しているリバプール。

悲願のリーグ制覇のためにその手を緩めることなく、時には無慈悲なゴールショーで相手を破壊し突き進んでいる。

そんなリバプールもここから後半戦、けが人が続出してしまえばどうなるかはまだわからない。

たとえ予想できないことが起きたとしてもチャンピオンズリーグとともにトロフィーを勝ち取るために補強を考えている。

その第1号が日本人選手である南野拓実となったが、冬の移籍市場ではさらに動く可能性はあるのだ。

そこで今回はリバプールの1月の補強候補3人を紹介しよう。


1.マテュー・ゴンサルベス トゥールーズ




Mathieu Goncalves could be a suitable back-up to Andy Robertson at Liverpool


マテュー・ゴンサルベスはトゥールーズでデビューしたての18歳の新鋭だ。

リバプールの不安要素として左サイドバックが挙げられる。

チームの重要選手であるアンドリュー・ロバートソンがあまりにも酷使されており、もしも怪我をしてしまえば本職ではないジェームズ・ミルナーに頼らなければならない。

長期的に考えて34歳になるミルナーに頼るよりはしっかりとロバートソンの控えであり後釜となれる選手を確保する必要がある。

18歳のゴンサルベスはまさにその条件にぴったりであり、フランスで見せている印象的なプレーはリバプールを満足させることができるはずだ。




2.ティモ・ヴェルナー RBライプツィヒ




Timo Werner has been in scintillating form for RB Leipzig this season


長らくリバプールが注目しているドイツ代表フォワード、ティモ・ヴェルナー。

レッドブルグループにぴったりのプレースタイルを持っており、その前線からの守備を知る目と確実にネットを揺らす得点力で世界でもトップクラスの選手へと成長した。

いくつものポジションをこなせる南野拓実は全体的なバックアッパーになることが予想される。

しかし、仮にヴェルナーを確保すれば彼らがよりパーフェクトな攻撃陣を形成することを意味する。

戦術的に欠かすことができないロベルト・フィルミーノの役割を完璧に果たし、さらには両翼を務める最強アフリカン2人に劣らぬ得点力を見せてくれるはずだ。




3.ディエゴ・カルロス セビージャ




Diego Carlos has been in fine form for Sevilla in the present campaign


2019年よりセビージャでプレーするディエゴ・カルロス。

リバプールのセンターバック陣はフィルジル・ファンダイクを除いて1シーズン全体で計算できる選手がいない。

ジョー・ゴメス、デヤン・ロブレン、ジョエル・マティプ。

全員能力は高けれど怪我がどうしても絶えないのだ。

ファンダイクと安定したパートナーシップを築き上げることができ、さらにはセットプレーでも脅威となれる選手がリバプールには必要となるだろう。

ディエゴ・カルロスはまさに適役となるだろう。

£64mともいわれるリリース条項がネックとなるだろうが、レアルマドリーも狙っているほどの実力者であり早急に確保したいと考えているようだ。

先日行われたレスターシティとリバプールの戦い。

首位リバプールと勝ち点10差をつけられている2位レスターシティとの試合は頂上決戦となった。

試合は速く激しく動き、接戦になるかと思われた。

しかし、終わってみれば4-0でリバプールの勝利と圧倒的な結果で終わったのだ。

この試合で1ゴール2アシストを記録し、主役となったリバプールの右サイドバックであるトレント・アレクサンダー・アーノルド。

容赦ない前線への供給とゴールキーパー泣かせのシュートでネットを揺らし、キングパワースタジアムを絶望の底に叩き落した張本人だ。

今回はレスターシティ戦をもとに21歳の若者、トレント・アレクサンダー・アーノルドに少しだけ迫ってみよう。


Two assists, one goal: Alexander-Arnold celebrates his first goal since September on a memorable night


1.偶然ではない、計算されたキック



トレント・アレクサンダー・アーノルドのキックは決して偶然ではない。

自らの精度を理解しており、味方もそのことを共有できているからこそ思い切ったプレーを選択することができるのだ。

3点目を見てみよう。

ロベルト・フィルミーノがためを作り、右サイドに展開をしてからの動きは完ぺきであった。

まさにアレクサンダー・アーノルドのキックを待つための動きだ。

相手が嫌がるクロスは大抵キーパーと味方の隙間に入れる速いボールだ。

しかし、ゴール前に詰めていたモハメド・サラーらを無視しフリーで待ち構えていたフィルミーノに落ち着いてボールを届けたのだ。

完全に計算されたクロスだったのだ。



2.終盤で見せたスプリント




自らが得点した4点目は素晴らしいシュートであった。

しかし、より注目してほしいのがサディオ・マネがボールを持った際のスプリントだ。

全力スプリントで上がってくる様子はある意味シュートを決めるよりも難しいかもしれない。

これこそがユルゲン・クロップが就任してから一貫して続けてきたチームとしてのやり方なのだろう。

ただ単にキックの精度が高いだけのディフェンダーではないことを証明した瞬間でもあった。



3.一貫性のあるパフォーマンス




数年前に右サイドバックへとコンバートされ、慣れないポジションでプレーしていた頃のアレクサンダー・アーノルドは一貫性が全くない状態であった。

1試合で光るものを見せるものの、守備面で弱さを、攻撃面でも雑さを露呈してしまうことがあった。

それが今ではほぼすべての試合で一貫性のあるプレーをしているのだ。

それもとてつもなく高いレベルで。

レスターシティ戦では前半から自らシュートを放つシーンや右サイドから高精度のクロスを上げるなど脅威となり続けていた。

それが後半になっても勢いが衰えるどころか増しており、結果的に1ゴール2アシストという結果を生んだのだ。

今のリバプールにおけるサイドバックの重要性は高く、それと同時に負担もかなり大きいはずだ。

それをものともせずに高いパフォーマンスを継続できることは本当に素晴らしいことだ。


守備面ではまだまだ課題があると言われているアレクサンダー・アーノルド。

しかし、持ち前の攻撃センスで今や最も高価なディフェンダーへと成長した。

まだ21歳の若者であるアレクサンダー・アーノルドの美しくも残酷なそのキックをとくとご覧あれ。

5.スティーブン・ジェラード



Captain fantastic, till the very end.


彼ほど素晴らしいキャプテンはサッカー史上稀である。

そのキャリアのほぼすべてをリバプールに捧げ、何ともドラマチックな日々を送ってことだろう。

残念ながらプレミアリーグのタイトル獲得はできなかったが、ここ10年で目まぐるしく変わったサッカー界の中で見事にチームを支えてきた。

晩年は自らの代名詞でもあるミドルシュートを放つ機会も少なくなったが、ポジションを変更して恐ろしいゲームメイカーとしても活躍した。

彼のように1つのクラブにすべてを捧げた選手について多くを書くことはできない。

はっきりしていることは、サッカーの歴史に間違いなく残り続ける選手だということだ。

4.モハメド・サラー



The Egyptian King.


プレミアリーグの新記録である32ゴールをしたモハメド・サラー。

今やチームに欠かすことのできないこのエジプト人は2年連続で得点王を獲得するなど一気にスターへの階段を上った。

カウンターの場面で特に輝き、相方であるサディオ・マネやロベルト・フィルミーノらとの連携も抜群である。

リバプールが約£40mを出して獲得したと言われているが、それは完全にバーゲンセールとなった。

年齢的にこれから全盛期を迎えるサラーは更なる成長とともにリバプールを高みに導くはずだ。




3.サディオ・マネ



One of the best in the world.


そしてサラーの相方、サディオ・マネは3位にランクインした。

まったく怪我をしない頑丈さに全力で自陣地へ戻り守備をする献身さ、そして何よりモハメド・サラーとピエール・エメリク・オーバメヤンと並ぶほどの得点力を擁しているパーフェクトアタッカーなのだ。

元々切れの鋭いドリブルは左サイドで輝いており、球離れも良いためサイドバックやフィルミーノら前線の選手との相性も抜群だ。

あのリオネル・メッシがバロンドール候補に投票したのも納得のパフォーマンスを見せる男、それがサディオ・マネだ。


2.フィルジル・ファンダイク



Calm as you like.


チームの守備を1人が変えられることを証明した怪物ディフェンダー、フィルジル・ファンダイク。

惜しくもリオネル・メッシとの競争に負けバロンドール獲得とはならなかったが、ドリブルで1年近く抜かれないなど驚愕のパフォーマンスを見せ続けている。

彼が加入してからのリバプールはヨーロッパを代表するほどの堅守となり、今シーズンもレスターシティに次ぐ守備の固さを見せている。

空中戦、1対1、スピード、強さ、足元の上手さなどすべてを兼ね備えたセンターバックであり、試合中はリーダーシップも発揮するため相方のセンターバックは伸び伸びとしたプレーをすることができる。

長年悩まされ続けてきたリバプールの弱点である守備を大きく改善したファンダイクはこの順位で何ら文句はないはずだ。


1.ルイス・スアレス



What a ridiculously talented player.


リバプールサポーターにとっては夢を見ていたかのような時間を過ごしていたのではないだろうか?

当時の目玉補強であるアンディ・キャロルが大失敗に終わった反面、世界を代表するほどのストライカーへと変貌を遂げたのがルイス・スアレスだ。

子供のような無邪気なセレブレーションは見ているすべての者を幸せにしただろう。

ダニエル・スタリッジとのコンビは抜群で当時の世界で最も破壊力のある攻撃陣と恐れられていた。

長くの間欲していたプレミアリーグのタイトル獲得まで残り僅かまで行くことができたのもスアレス抜きでは不可能だった。

その後バルセロナへと移籍していったが彼が残した記憶は永遠に刻まれるだろう。

名門復活

まさに今のリバプールにふさわしい言葉だ。

伝説的な「イスタンブールの奇跡」でのチャンピオンズリーグ優勝は誰もが知っていることだ。

しかし、彼らはここ10年で大きな成果を残すことができなかった。

ところがユルゲン・クロップが指揮を執り始めてから状況は大きく変わり、ついには名門の復活を告げるかのように6度目のチャンピオンズリーグを果たしたのだ。

そんなリバプールには多くの名選手が在籍していた。

チーム状況の良し悪しに関わらずだ。

そこで今回は彼らのここ10年における最高の選手たちを紹介しよう。


10.アリソン・ベッカー



Immediate impact.


現リバプールの守護神を務めるアリソン・ベッカー。

ローマで頭角を現すとあっという間に世界屈指のゴールキーパーへと成長したオブラクやテアシュテーゲンらと並ぶ最高の選手の1人だ。

彼が加入してから守備はより一層強固なものとなり、カウンター時の起点にもなれることからチームに完璧にフィットしたのだ。

当時のゴールキーパーに対する最高額での移籍となり懐疑的な意見もあったが、それは一瞬で信頼へと変わった。

年齢的にもまだまだ成長できるアリソンはこれからも長くリバプールのゴールマウスを守り続けることになりそうだ。



9.ダニエル・スタリッジ



A huge part of 2014

チェルシーからわずか£12mで移籍したダニエル・スタリッジ。

特徴的なゴールセレブレーションを持つスタリッジは実はアラン・シアラーをも超える得点率を誇り、それはプレミアリーグ史上で見ても屈指のものなのだ。

ルイス・スアレスとのコンビは破壊力抜群であり、近年最高のコンビとも言われている。

怪我の影響で徐々に出番を失ったがその得点力は健在のままであり、より多くの出場機会を求めるべくトルコへと移籍した。



8.ジョーダン・ヘンダーソン



What a journey.

£16mという移籍金でサンダーランドから移籍してきた現キャプテンのジョーダン・ヘンダーソン。

一時期は放出候補とも言われ、完全にチームの構想外となっていた。

さらにはあのスティーブン・ジェラードからキャプテンを受け継いだ重荷がのしかかり、ここまで彼にとって簡単な時期はなかったのではないだろうか。

それでも不屈の精神でチームに残り続け自らの価値を証明することに成功したのだ。

ボックストゥボックスの選手として非常に優れており、特に中盤でセカンドボールを拾う能力に長けている。

攻守のバランスも取れる彼は中盤で欠かすことのできない選手であり、アンカーとしてその正確なキックを用いてチームを操ることができる。

前キャプテンであるジェラードすら成し得なかったプレミアリーグ優勝に向け今シーズンも躍動している。



7.フィリッペ・コウチーニョ



Immense talent.

突如バルセロナへと移籍したリバプールのプレーメーカーとして活躍していたフィリッペ・コウチーニョ。

現在はバイエルンでその能力を遺憾なく発揮しているが、リバプール時代のコウチーニョはまさにチームの脳としての役割を見事に果たしていた。

小さなマジシャンと称されるコウチーニョは巧みなドリブルテクニックと隙を突くキラーパスで幾度も相手を地獄の底へと突き落としていた。

去り方の印象が悪くなってしまったが、確実にここ10年で最高の選手の1人だ。



6.ロベルト・フィルミーノ



Such a vital part of today


偽9番として世界最高峰の選手であるロベルト・フィルミーノ。

プレーメーカーでもなければストライカーでもない。

いや、どちらも併せ持つまさに現代型のフォワードがフィルミーノだ。

何より素晴らしい彼の特徴がオフザボールでの動きだ。

両ウィングやエリア内に飛び込んでくる中盤の選手のためにスペースを空け、彼らが最大限活きるような動きを取ることができるのだ。

それでいて華麗なチャンスメイクからアシストを記録し、毎シーズン2桁得点を約束してくれる得点力を併せ持つのだから完璧としか言いようがないフォワードである。

これから全盛期を迎える年齢であるため今後もリバプールの戦術の中心選手として君臨し続けるだろう。



↑このページのトップヘ