プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

南野拓実がリバプールへ移籍し、リーグ戦でもデビューを果たした。

しかし、期待されていたパフォーマンスはできておらずメディアの評価は徐々に厳しくなってきている。

今回は南野拓実がリバプールにおいて期待通りの戦力となれるか否かについて説明しよう。




最高の手本であるロベルト・フィルミーノとの違い




ロベルト・フィルミーノはおそらく南野拓実にとって最高のお手本となる選手だろう。

しばしば過小評価されているフィルミーノの役割は非常に重要でありチームを支える大きな柱となっている。

ではそんなフィルミーノと南野拓実の違いは何だろうか。

それはポジショニングのセンスだ。

ビルドアップを行う際に味方が欲しいタイミングで見事にボールを引き出すことができる。

両翼を務めるサディオ・マネとモハメド・サラーは中央にスペースが空くため非常にプレーがしやすいはずだ。

南野の場合はディボック・オリギらとポジションが被ることが多く、ボールを受けても前を向けずにそのまま返してしまうシーンが非常に多かったのだ。

これでは中盤やセンターバックはパスが出しづらく、結果的に攻撃を停滞させてしまう大きな原因となるのだ。

さらにフィルミーノは収まりが非常によく、その後も時たま見せる遊び心のあるテクニックを駆使しながら1人、2人と簡単にマークを剥がすことができる。

それに加えてあのパスセンスだ。

現在のプレミアリーグで最もプレースピードが速いチームの一つであるリバプールでそのような役割を演じることができるのはまさに天才としか言いようがない。

また、フィルミーノの場合は判断力が素晴らしく良い。

簡単に両翼にパスを出して速攻を進める場合と自らボールを溜めてサイドバックを有効に使う場合、さらには中盤からの飛び出しをサポートする場合など状況を瞬時に理解しそれに合ったプレーを高レベルでこなすことができる。

センターフォワードで起用されるならばまずはボールの引き出し方を理解する必要がある。




それでも垣間見えた南野のポテンシャル




もちろん試合中に目立ったのは悪いところだけではない。

ユルゲン・クロップをはじめ多くの評論家も評価しているのが守備面だ。

ロベルト・フィルミーノは攻撃だけではなく、プレスバックからの素早いボール奪取を非常に得意としている。

加入当初は南野もピッチ上で”迷子状態”になることが多かったが、先日の試合では警告を受けるほどの激しい寄せや見事なプレスバックからボールを奪っていた。

プレミアで継続するためには当たり負けしないフィジカルがもう少し必要となるが、1カ月も経たないうちに自らが何をすればいいのかを理解し始めている。

チームのスピードに慣れてくると持ち前の献身性を有効に使うことが可能となり、少なくともチームと連動した守備が淀みなく行えるはずだ。

また、南野が幸運なのは最高のお手本であるフィルミーノがいるということだ。

多くの選手は他の選手から技術を盗み、それを自分のものにして昇華させている。

貪欲さが垣間見える南野ならば自らのレベルをワンランク上げるための努力を怠ることはないはずだ。

まだまだ加入したてで焦ることはなく、来シーズン以降のチームにとって重要な選手になれることを願おう。


今シーズンもチャンピオンズリーグ出場権を獲得するのが厳しくなっているマンチェスターユナイテッド。

アレクシス・サンチェスはともかくロメル・ルカクを放出した代償は大きく、チームは得点力不足に喘いでいる。

アントニー・マルシャルとマーカス・ラッシュフォードはそれぞれこれまでに7点と12点を記録しており、これからの成長を見越すと十分に戦力として計算できる。

さらにはここに新戦力の獲得もあり得る。

深刻なのは中盤である。

明らかに違いを作ることができるポール・ポグバと強度を保っていたスコット・マクトミネイが離脱してから完全に力負けしてしまっている。

フォワード2人に次ぐチーム内得点ランキングはダニエル・ジェームスの3点となっている。




ブルーノ・フェルナンデスはそのほとんどを解決できる




Manchester United are interested in the Portuguese midfielder and have approached Sporting Lisbon



以前より補強の噂が立っていたポルトガル代表でありスポルティングに所属しているブルーノ・フェルナンデス。


ブルーノ・フェルナンデスは仮にマンチェスターユナイテッドに加入したとしてどれほどの違いを作れるのだろうか。

結論から言うと今マンチェスターユナイテッドが抱えている問題の多くを解決できる選手になれる。

イメージしやすいのはリバプールに在籍していた頃のフィリペ・コウチーニョだ。

中盤におけるチャンスメイカーとなり、時には得点も期待できる。

そしてこの得点力はブルーノ・フェルナンデスの1番大きな特徴なのだ。

ポール・ポグバほどのクオリティを発揮できるかは未知数だが、彼の遠目からのシュートは多くのチャンスに繋がるはずだ。

ストライカー顔負けのシュート技術とセンス溢れるキラーパスを持つ彼は前線のフォワード陣と上手く絡んでいける。

また、現在マンチェスターユナイテッドは来夏限りでスパーズとの契約が切れるクリスティアン・エリクセンの獲得も狙っていると言われている。

しかし、エリクセンとブルーノ・フェルナンデスは似ているようで違うプレースタイルを持つ選手だ。

プレミアリーグでも屈指のプレーメーカーであるエリクセンは確実にチームのチャンス数を伸ばすことができ、フリーキックでの得点も期待ができる。

ところが中盤における得点力はあまりなく、マンチェスターユナイテッドの問題を根本的に解決することはできない。

プレミアリーグにおける活躍や移籍金の低さ、そして実際にその実力を見ている点を考慮するとエリクセンを欲しがる理由は十分に理解できる。

しかし、移籍の噂もあるポール・ポグバの代わりを務めながらチームの得点力を大きく引き上げるポテンシャルを持っているブルーノ・フェルナンデスの獲得はそれよりも大きな意味を持つことになるだろう。

今冬の移籍市場にはまだまだこれから注目したいところだ。

ついにウナイ・エメリが解任され、後任にはクラブOBであるミケル・アルテタが就任した。

若干の風向きは変わったとはいえリーグ戦の順位は悲惨であり、かつてのビッグクラブの面影は取り戻せてはいない。

それもそうだろう。

ミケル・アルテタの戦術が浸透していない状況や選手層の問題があるからだ。

これから未来に向けてアーセナルは再びビッグクラブとして輝く準備をしなければならない。

そのために彼らにはいくつか必要なものがある。

今回はアーセナルが復活するために必要は3つの事を紹介しよう。


1.ヨーロッパリーグで優勝する



Unai Emery

彼らにはタイトルが必要だ。

現在のリバプールを見てもわかるように大きなタイトルは選手やスタッフたちにとてつもない自信を与えてくれるのだ。

リーグ戦は既にリバプールの独走が始まっており優勝を目指すのは現実的ではない。

それならばヨーロッパリーグで王者に輝くのが一番手っ取り早く、即効性のある薬となる。

もちろんヨーロッパリーグにも強豪は出場しており、優勝を目指すのはそう簡単なミッションではない。

だからこそキャプテンがトロフィーを掲げる瞬間は何よりも価値のあるイベントとなるのだ。

まずはタイトル。

そこから彼らは自ら復活への道のりを描くことができるはずだ。


2.トップ4でフィニッシュする




Can Arsenal break back into the top 4?


多くの選手がチャンピオンズリーグに出場したいというのは当たり前の感覚だ。

最高峰の舞台で自らの価値を示し、さらには1つしかないトロフィーを掲げることは未来まで語り継がれる誇りとなるからだ。

チャンピオンズリーグの出場権を逃すということはクラブの収益が減るだけでなく、野心を持った選手の流出はもちろん獲得も難しくなってしまう。

アルテタはペップに認められるほどの指揮官だが、監督としての経験はゼロであり補強というアシストがなければ彼も頭を悩ますに違いない。

チャンピオンズリーグ出場権内である4位以内でフィニッシュすればすべてが明るくなるはずだ。

既にリバプール、レスターシティ、マンチェスターシティは4位以内が濃厚であり残る1つの枠をマンチェスターユナイテッドやスパーズ、ウルブズらと争うことになる。

幸か不幸か、これらのライバルを打ち崩して4位以内に入れば確実に彼らにとって大きな自身にも繋がるだろう。


3.バックヤードでのアシスト



Arteta must be fully backed by the board for success to return to Arsenal


ユルゲン・クロップにはペピン・リンダース、ペップにはミケル・アルテタ、モウリーニョも今回のスパーズ移籍で優秀なコーチ陣を呼んでいる。

監督1人だけでは状況を変えることは非常に難しい。

アルテタにはこれまでの名将たちのようにバックヤードでの助けが必ず必要となる。

それはコーチだけでなく、フロント陣による選手の獲得も意味する。

脆弱な守備陣を立て直すために必要なセンターバックの補強、強度を高めるためのミッドフィルダー。

これらの選手が揃って初めてチームとしての戦術が機能するのだ。

本気でアーセナルを復活させたいと思っているのならばクラブが一体となってアルテタを助けなければならない。

多くのクラブが犯している「短期間での解任」という決断を下してしまえばいつまで経っても状況は変わらないだろう。

今冬、そして来夏での移籍市場における動きにはぜひ注目しておきたい。

↑このページのトップヘ