プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

ズマの未来はすぐには決めないチェルシー(Daily star)

リュディガー、クリステンセン、ダビドルイスを抱えるチェルシーでレギュラーをつかみ取るのは大変なことだ。

ズマ
は以前より期待されはいたがローンを繰り返しているのが現状だ。

サッリがトリノへと旅立ち、後任はクラブのレジェンドであるランパードが有力視されているが、彼が就任した場合すぐにズマの未来を決めることはなくプレシーズンで様子を見るようだ。
Chelsea to delay decision on Kurt Zouma?

ペトルチェフがチェルシーへ帰還(Sky Sports News

チェルシーで様々なトロフィーと個人賞を獲得してきたこの男が帰還するようだ。
チェフは今後テクニカルディレクターとしてチェルシーへ復帰する模様であり、ランパードとの共演に注目が集まりそうだ。
Cech 'on verge of joining Chelsea staff'



ウィリアン「中国からのオファーには応じない」(UOL Esporte
チェルシーへ2013年から加入して以来活躍を見せているこのブラジル代表に上海申花から巨額のオファーが舞い込んだようだ。週休€23万のオファーは魅力的ではあるがウィリアンはペンを取りロンドンに残ることを選択する。チェルシーで300試合出場へ近くなっている彼の未来は。

リバプールは£45mでジュニオールフィルポを獲得する(Sport)

惜しくもプレミアリーグ2位で終わったが見事CL優勝を果たしたリバプール。

来季こそはプレミアのタイトルが欲しいはずでありそのためにお金は惜しみなく使うようである。
ロバートソン不在の際の代役がおらず、そのために
ベティスに所属しているフィルポを狙うようである。£45mとも言われているリリース条項も払う予定である。
Report: Liverpool to trigger Firpo release clause



コウチーニョを再び獲得するのか(
Le 10 Sport

このブラジル代表MFは再びアンフィールドへ戻るのか。

バルセロナでブーイングを浴びるなど思った通りのパフォーマンスを見せられずにいるコウチーニョはPSGやマンチェスターユナイテッドなど多くのクラブが獲得へ向かうとされている。中でもPSGはディレクターのレオナルドが熱心に狙っている。

だが、古巣であるリバプールは獲得へ興味を示していないとされており彼の帰還の可能性は徐々に0になりつつある。
Liverpool to re-sign Coutinho this summer?

リバプールはハキムヅィエクがお気に入り(Sky Bet )

アヤックスで素晴らしいシーズンを過ごしたハキムヅィエク。多くのクラブが彼を狙っているとされているがリバプールもその1つ。
sky betでは4/1の数字をつけたとされており有力視されている。
Liverpool 'favourites to sign Hakim Ziyech'



3冠のシティ、ペップは新たに4選手を狙うのか(Mirror)

18/19シーズン、イングランド史上初の3冠を達成したペップグアルディオラ率いるマンチェスターシティ。
ペップはコンパニが抜けるセンターバック陣など、まだまだ補強が必要と考えているようだ。

その中でも4選手に注目していると言われており、それぞれロドリアンジェリーノマグワイア、そしてカンセロである。

その中でもロドリアンジェリーノに関しては獲得が近いとされている。

Manchester City want four new signings?

サネの将来はバイエルンではない(the sun)

シティが誇る快速レフティはドイツへ戻るのか。

サネは18/19シーズン、シティで47試合に出場、16ゴール18アシストという数字を残しているがベンチに座ることも多く移籍を希望しているとも言われている。
最も興味を示しているクラブとしてバイエルンミュンヘンの名前が挙がっているが本人曰くドイツへ戻るプランは今のところないようだ。来期は激しい競争を覚悟しながら残留するのか。

Leroy Sane 'to turn down Bayern move'



€107mのクリバリはシティの狙いではない(Daily Mail)
ますます評価を上げているナポリ所属のカリドゥクリバリはシティへは行かないだろう。

ペップはクリバリの値段を見てコンパニが退団したとはいえ高すぎる買い物になるとみているようだ。

Man City 'will not meet Koulibaly asking price'

↑このページのトップヘ