プレミアリーグの移籍やら噂やら

プレミアリーグは今がアツい その中でも毎年優勝争いとCL出場権を懸けた戦いをするトップ6のチームの移籍に関する噂を主に紹介する

いつも「プレミアリーグの移籍やら噂やら」を閲覧してくださってありがとうございます。

当ブログはまだまだできたばかりで、管理人もこれから更に見やすいデザインに改良するつもりです。

色々とわかりにくい部分や見にくい箇所もありご不便をおかけすると思いますが、長い目で見守ってくださると幸いです。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。


まさに無念といったところだろうか。

素晴らしいサッカーを展開しているノリッジシティは守備の脆さもあり、結果が出ずにいる。

特に攻撃陣には若くダイナミズムを備える選手たちが大勢いるため、降格となってしまえば選手の流出は止められないだろう。

そこで今回は夏の移籍市場でノリッジシティを去る可能性がある3人の俊英を紹介しよう。


1.マックス・アーロンズ



Norwich City


14歳でルートンタウンからノリッジシティに移籍した20歳の右サイドバック。

昨シーズンはチャンピオンシップで41試合に出場し、2ゴール6アシストを記録した。

今シーズンも印象的なプレーを見せており、若さを前面に押し出した攻撃的なスタイルはノリッジシティにとって重要なピースとなっている。

まだアシストは記録していないものの、44本のクロスは彼の攻撃性を見事に表している。

プレミアでのプレーを続けることで確実にトップレベルのサイドバックに成長できるはずだ。




2.エミリアーノ・ブエンディア




Norwich City v Crystal Palace - Premier League


ヘタフェから2018年に加入した創造的な選手、エミリアーノ・ブエンディアはノリッジシティにおいて貴重な攻撃のピースだ。

今シーズンは既に7アシストを記録しており、彼のノリッジシティにおける成功を表している数字だ。

プレーメーカーとしての仕事を完璧に理解しており、1試合平均42.6本のパスと2.8本のキーパスを成功させている。

まだ23歳ということを考えると多少粗削りながらも凄まじい選手になる可能性を秘めている。

ノリッジシティからすると彼の放出は痛手となるだろうが、彼の輝きはクラブなしでは達成することはできなかった。

お互いにいい関係のまま次のステップに進めることができるはずだ。




3.トッド・キャントウェル




Norwich City has a gem in Todd Cantwell


両ウィングでプレー可能なトッド・キャントウェルは最もクラブを去る可能性が高い選手だ。

6ゴール2アシストという数字は立派であり、21歳という年齢はこれからの将来を大きく想像させてくれる。

プレーを見ていても積極的にゴールを狙い、若者らしいエネルギーも感じるが81.5%のパス成功率に表れている通り周りを使うことにも長けている。

リバプールが獲得を狙っているという噂があるが彼にとっていいクラブになり得るだろう。

あとはプレミアを戦いきるフィジカルと精細さを身に着ければ驚異的なアタッカーへと変貌するに違いない。

アストンヴィラのジャック・グリーリッシュはここ数週間、ずっとスポットライトに当たっているような状態だ。

ジョン・マッギンが離脱したもののグリーリッシュは中盤でチームの得点源になりつつ全体を活性化させている。

この乗りに乗るグリーリッシュにはマンチェスターユナイテッドをはじめとする多くのクラブが近づいているとされている。

だが、グリーリッシュはマンチェスターユナイテッドに行っても自らのキャリアをより輝かしいものにすることはできないかもしれない。

そこで今回はジャック・グリーリッシュがマンチェスターユナイテッドに行くべきではない理由3つを紹介しよう。

Aston Villa




1.アストンヴィラにはリソースが十分にある




Nassef Sawiris (left) is one of the Premier League


アストンヴィラはかつてプレミアリーグで名門であったクラブだ。

近年は結果を残せてはおらず、現在もわずか7勝でリーグ戦17位につけており降格する可能性も十分にある。

しかし、彼らにはリーグを勝つためのリソースが十分にあるのだ。

サッカーにおいてお金はすべてではないが、お金の力で強くなったチームは幾多も存在する。

彼らのオーナーであるナーセフ・サウィーウスはプレミアリーグのオーナーの中で5番目にリッチであり、野心も十分にある。

ようやくブルーノ・フェルナンデスを確保したものの、マンチェスターユナイテッドはこれまで適切な補強をしてきたとはとても思えない。

ビッグネームを獲得できても活躍できずに1年で去ってしまっているのだ。

今グリーリッシュがマンチェスターユナイテッドに行くとアストンヴィラで見れたはずの夢が見れず、多少高い給料をもらうしかなくなるだろう。



2.移籍するならより良いオプションが存在する




A move to Manchester City to work with Pep Guardiola could be a more attractive option for Grealish


同じマンチェスターを選ぶならば青いチームを忘れてはいけない。

マンチェスターシティには昨シーズン国内3連覇を果たしたペップ・グアルディオラがいる。

攻撃を知らないオレ・グンナー・スールシャールと違い明確な哲学と実績を持つペップは選手の良さを引き出すことに長けている。

懸念すべきは出場機会だが、選手としてより成長できるのは間違いなくマンチェスターシティとなるはずだ。

また、過去にはスパーズも獲得を狙っていたこともあり現在ではスペインの二大巨頭、バルセロナとレアルマドリーも獲得に興味を示しているのだ。

移籍を選ぶならば彼には多くのオプションが存在することを覚えておく必要がある。





3.余計なプレッシャーを受けてしまう




Could Grealish cope inside Manchester United


今のマンチェスターユナイテッドは名門であることを思い出さなければならない。

アレックス・ファーガソンが去ってからチームは調子が上がらず、現在は8位に留まってしまっている。

今ではレスターシティやウルブズよりも劣ってしまっている。

彼らはスターを必要としており、ブルーノ・フェルナンデスはその始まりだ。

ここでグリーリッシュが加入してしまうと受けるべきではないプレッシャーまで受けてしまい、気持ちよくプレーすることが困難となる可能性がある。

ハリー・マグワイアがいい例だ。

ディフェンス史上最高額で加入したがチームの調子は上がっていない。

もちろん問題は別のところにも存在するが多くのコストがかかっているだけに批判は避けられない状態にある。

まだ年齢的にもステップアップを急がなくてもいいグリーリッシュはリンクづけられているマンチェスターユナイテッドへの移籍を考慮しなければならない。

↑このページのトップヘ